top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】NHK 夜ドラ「卒業タイムリミット」 主人公の高校生を演じる井上祐貴「芯の強さ、目の強さを意識しました」

もっとエンタメ

 4月4日から放送開始となるNHK 夜ドラ(月~木放送)の第1弾作品となる「卒業タイムリミット」。本作は、作家・辻堂ゆめの小説を原作とした青春ミステリーで、卒業式を間近に控えた高校が舞台。生徒に人気がある英語教師の水口里紗子(滝沢カレン)が誘拐され、生徒の1人・黒川良樹を含む共通点のない4人の生徒に、犯人から”挑戦状”が届く。真相を追ううちに、徐々に水口の別の顔、そして集められた生徒たちが抱える問題も明らかになっていき…というストーリーが展開する。主人公の高校生・黒川を演じた井上祐貴に、本作の見どころ、撮影でのエピソードなどを聞いた。

-「卒業タイムリミット」は、NHKの新ドラマ枠「夜ドラ」の第1作目です。そこで主演をするプレッシャーはありましたか。

 もちろんプレッシャーはありました。でも、気持ちを切り替えることができた一番のタイミングはクランクインの日です。台本でしか見たことなかったキャラクターの方たちと、一緒にお芝居をすることによって、現場の雰囲気をちょっとつかめたというか。その日から、プレッシャーよりも『よし、やってやる』というスイッチが入りました。

-第1週の放送分を見ましたが、とても面白かったです。脚本を読んだときの感想を教えてください。

 面白いのはもちろん、とにかくこの先どうなるのかが気になる内容だなと思いました。映像がつながって、そこに音楽が加わり、トントントンとテンポよく進んでいく。その中に大事な要素もたくさん散りばめられていて、あっという間の15分。完成したものを見て 「あっ、面白い、間違いない」と思いました。

-井上さんは現在25歳ですが、高校生役を演じるに当たって、工夫したことは?

 高校を卒業してから6年たちました。意識したことといえば、やっぱり見た目は髪形ですかね。前髪を上げたら年齢が上に見えて、前髪を下ろしたら、実際の年齢よりも少し若く見えるんです。なので、高校生役と聞いたときは、自分の中で前髪は下ろしていきたいな、というのは思いました。

-同じ挑戦状を受け取ったのは、サッカ…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル