top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】「2.5Dアワード」俳優部門受賞の岡宮来夢 ミュージカル『刀剣乱舞』出演が「役者人生の一つの礎に」

もっとエンタメ

 一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会が、「公式メルマガ会員『2.5フレンズ』が選ぶ『2.5Dアワード』を開催し、3月25日にアワードの各部門の受賞結果が発表された。今回のアワードは、会員数が現在約20万人を超える「2.5フレンズ」会員による投票によって2021年に上演された2.5次元ミュージカルの中から「あなたの“最も心に残る”『作品』『俳優』『演出家』『脚本家』」を決定。作品部門はミュージカル『刀剣乱舞』 ~静かの海のパライソ~、俳優部門は岡宮来夢、演出家部門は茅野イサム、脚本家部門は伊藤栄之進が受賞した。昨年、鶴丸国永役でミュージカル『刀剣乱舞』 ~静かの海のパライソ~(以下、静かの海のパライソ)に出演し、「BANANA FISH」The Stageでは奥村英二役を演じた岡宮に、受賞の喜びや2.5次元ミュージカルへの思いなどを聞いた。

-受賞おめでとうございます! まずは、受賞した気持ちを。

 まだ実感は全くないですが、うれしい気持ちでいっぱいです。日頃から応援してくださっている皆さんに恩返しの一つがができたのかなと思います。作品部門では「静かの海のパライソ」も受賞することができ、改めてすてきな作品に出会わせていただけたことを光栄に思いますし、その作品を刀剣男士キャストの一人として背負わせていただけたことは役者人生の一つの礎(いしずえ)になっていると思います。

-岡宮さんにとって、2.5次元ミュージカルはどんな存在ですか。

 僕が初めて2.5次元ミュージカルに出演したのは、ミュージカル『刀剣乱舞』 ~葵咲本紀~だったのですが、僕にとっては原点に帰る場所です。ここが自分のフィールドだという実感も持っています。

-2.5次元ミュージカルの魅力とは具体的にどういったことだと思いますか。

 漫画やアニメ、ゲームの中の好きなキャラクターが、目の前に飛び出してくるというのは、それだけでインパクトがありますし、夢のような出来事だと思います。それがかなうのが、2.5次元ミュージカルです。それから、ただキャラクターに会えるということだけでなく、3次元の人間が演じることで…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル