top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ワクチン3回目接種に関する調査 打つ理由・打たない理由で最も多かったのは?

もっとエンタメ

 オミクロン株の登場によって年初から急速に拡大した新型コロナウイルスの感染者数も、ここにきてようやく収まる傾向がみられるようになった。そうした中で、ワクチンの3回目接種についてどうするか迷っている人が多いことだろう。

 現時点では、日本国内でのワクチン接種率は、2回打った人が約8割、3回打った人が約3割と言われる中、実際に「3回目のコロナワクチン接種」の実態はどうか、ナビット(東京)が3月に男女1,000人を対象にインターネット調査を行った。

 それによると、3回目のワクチンについて、接種を予定している人は半数以上に達しており、すでに接種した人と合わせると7割となり、3回目のワクチン接種に関して前向きな人が多いことがわかった。接種しないという人は15%にとどまっている。

 3回目のワクチン接種については、その種類について話題になることが多かったが、ファイザー製が多数派に。モデルナ製が少数派になったのは、やはり副反応が強く出ると報じられたことが、関係しているのかもしれない。

 一方、3回目のワクチン接種を行う理由としては「感染したくないから」がトップになったのに対し、接種をしない理由としては「副反応が怖い」ことを挙げる人が最も多い結果となっている。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル