top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

こんな中華居酒屋を待っていた!自家製哈爾濱(ハルビン)腸詰、粉もの&日替わり野菜料理が楽しい!三鷹「梅ちゃんの台所」

80C[ハオチー]

こんな中華居酒屋を待っていた!自家製哈爾濱(ハルビン)腸詰、粉もの&日替わり野菜料理が楽しい!三鷹「梅ちゃんの台所」

和の惣菜が並びそうな、居酒屋の雰囲気満点な店の前。看板を横目に通り過ぎかけると、“梅”の字の上のふりがなが目に留まりました。それは、“うめ”でも“ばい”でもなく…“めい”

そう、ここは中国から来た梅(めい)ちゃんが営む店。出身は中国最北端・黒龍江省の省都、哈爾濱(ハルビン)市。2019年3月3日にオープンし、2022年の3月に3周年を迎えています。

先日そのタイミングで伺ったところ、3周年記念サービスメニューを提供しての絶賛営業中。店にいる間、地元の常連さんが絶えず「おめでと〜う!」と来店しては花束や祝杯をあげていて、温かな祝意に包まれていました。

この店で楽しめるのは、料理上手のお父さんのレシピをベースにした、ありのままの家庭料理。その想いを店名の“台所”に込め、“中国料理店”、“東北料理店”との違いを表現しています。

三鷹の老舗「餃子のハルピン」でも7年間お手伝い。お手製の粉ものが充実

メニューや壁に貼られたおすすめ料理のほか、「本日の野菜」から好きな野菜を選べるのも、梅ちゃんのお宅の台所へお邪魔しているかのように錯覚してしまいそう。この日は定番メニューに加えて、梅ちゃんが口頭でおすすめしてくれた「3周年記念サービス価格メニュー」からも注文してみました。

カウンター席から見える壁面には、娘さん手書きのメニューも。

広告の後にも続きます

「ナスとじゃがいも醤油炒め」は、この名から迷わず地三鮮(ディサンシェン|dìsānxiān)を想像してしまい「やはり東北人に馴染み深いのだなぁ」と思いながら注文。

すると、ピーマンに替わってにんじん・小松菜が加わり、仕上げに香菜を散らした、梅ちゃんアレンジ版。食べてみると、にんじんの甘みもなかなか好相性! 後日、自宅でも再現したほど気に入った組み合わせでした。

ナスとじゃがいも醤油炒め。ピーマンの替わりににんじん、小松菜入り。仕上げに香菜を散らした梅ちゃんスタイル。

続いては「中国生春巻き」。これ、わかりますか? 揚げない・食材を巻く・東北…。「これは春餅ですか?」「おぉっ、そうそう」!

手作り生地に、葱・キュウリ・チャーシュー・甜麺醤をお好みの量で巻いて。 ちょっと厚めでモチっとした食感の生地には、まず甜麺醤をさらりとひと塗りし、怯まずたっぷり具をのせ、最後に再び甜麺醤。しっかり味付けふわりと巻き、勢いよくガブリといきましょう!

中国生春巻き(春餅)。きゅうり、葱、チャーシューに甜麺醤をつけ、小麦粉の生地で巻いていただきます。

東北地方の味覚でもある餃子は、ニラ・セロリ・大葉・エビの4つの味が定番。ときどき酸菜(白菜の漬物)を使った餡などが加わり、それぞれ水(茹で)または焼きを選べます。ほかにも肉まん、お焼き(餡餅)など自家製の面食(小麦粉の料理)が充実しているのは、やはり哈爾濱出身だからかもしれません。

セロリ水餃子 ニラ焼き餃子 手作りの包子(餡入り饅頭)。(画像提供「梅ちゃんの台所」) 餡餅(おやき)。たまご・干しエビ・春雨・ニラが入った餡を小麦粉の生地で包み、香ばしく焼いています。(画像提供「梅ちゃんの台所」)
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル