top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

古舘伊知郎、「報ステ」MC就任を島田紳助が“ほぼ予言的中”の過去発言とは!?

アサ芸プラス

 元テレビ朝日アナのフリーアナ・古舘伊知郎が、フリーアナの久米宏MCで人気を博した生放送の報道番組「ニュースステーション」(テレビ朝日系)の後継番組、「報道ステーション」の初代MCに就任したのは、2004年4月5日放送開始回からのことで、当時49歳だった。

 そんな古舘が、自身のYouTubeチャンネル「古舘伊知郎チャンネル」の2022年3月2日付け投稿回〈引退から10年。島田紳助さんとの思い出。古舘は復帰願望を告白。〉で、自分自身の49歳での「さらなる躍進」を、実は2011年に芸能界を引退した島田紳助氏が予言していた!?といった興味深いエピソードを回顧した。

 古舘いわく、島田氏は、若手の30代は知識よりも面白さや可愛げを重視し、40代のミドルエイジには、笑いを少なくして知識情報を重視。さらに、ベテランの域に達した際には、笑いの量をさらに減少させ、知識情報に厚みを持たせるといった3段階を念頭に置いていたそうだ。その結果、1989年から2010年まで放送された報道番組「サンデープロジェクト」(テレ朝系)で、番組開始から04年までMCを務めた島田氏だが、「やってみたらわかるんですわ。サンデープロジェクトはやってるけど、本当の報道番組はできないんですわ…」と、古舘氏にこぼしたのだとか。

 そして、誰が生き残るか、誰が淘汰されるかを細かく分析していたという島田氏が、「古舘伊知郎が残るんですわ!」。

 この話を聞いたのは古舘が38歳の頃であり、「あと10年後でこの次の段階行った時に、古舘伊知郎は48歳でダントツになりますわ!」と島田氏は加えたそうで、わずか1年違いの49歳で古舘は「報道ステーション」MCに起用。島田氏の予言がほぼ的中したとも思える興味深いエピソードで、島田氏の分析力にも驚かされる見ごたえのある動画だった。

広告の後にも続きます

(ユーチューブライター・所ひで)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル