top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】『SING/シング:ネクストステージ』斎藤司「『グンターは絶対に離さないぞ!』という気持ちです(笑)」日本語吹き替え版で愛着ある“はまり役”に再挑戦!

もっとエンタメ

 世界的ヒットソング満載の人気アニメーションが、さらにパワーアップして帰ってきた! 2017年に興行収入51億円超の大ヒットを飛ばした『SING/シング』の続編『SING/シング:ネクストステージ』が3月18日から公開される。劇場支配人コアラのバスター・ムーン(声:マシュー・マコノヒー/内村光良)率いる一座の新たな挑戦を描いた本作の日本語吹き替え版で、前作に引き続いて一座のムードメーカー、ブタのグンターの声を演じたのは、人気お笑いコンビ、トレンディエンジェルの斎藤司。5年ぶりに再会したはまり役への思いや、作品の見どころを聞いた。

-ミュージカルシーンは本物のライブを見ているように迫力満点な上、全体的に前作からさらにスケールアップしていて、最後まで楽しめました。映画をご覧になった感想は?

 前作も、子どもたちが見て分かりやすいお話ではあったんですけど、今回はそれに加えて、さらに大人も楽しめるワクワク感や人間模様がギュッと凝縮されていますよね。だから、「パワーアップしています」と太鼓判を押せるし、確実に面白くなっているので、自信を持って皆さんにお薦めできます。

-5年ぶりに演じたグンターへの思いはこの間、どう変わりましたか。

 前作が終わった後も、YouTubeでグンターがずっと踊り続けていたので、お笑いの営業をやっていると、子どもたちがグンターのうちわを振ってくれたり、グンターの写真を持って「サインください」と言ってきたりするんです。グンターがずっと生き続けている感じで、年齢とともに衰えていく僕の代わりに動いてもらっているような感覚です。だから、ますます愛着も沸きましたし、グンターには本当に感謝しています。(ハナコの)岡部(大)とか、他の人に変えられなくてよかったなと(笑)。とにかく「グンターは絶対に離さないぞ!」という気持ちです。

-その愛着が伝わるぐらい斎藤さんの声がグンターにぴったりでした。5年ぶりの収録に違和感はありませんでしたか。

 そうですね。一瞬、「どんな声でしたっけ?」となったんですけど、前作を見直してみたら、普段通りの僕の声だったので、特に小…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル