top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アルバイトやパートのスキルアップ方法とは:マニュアルとメンター制

楽しみワークス

×
アルバイト教育は仕事の質を左右する

はじめに

本記事は、アルバイト、パート社員のスキルアップ方法を解説します。主な内容はマニュアル化とメンター制度が主な内容です。

業務改革、働き方改革の視点から社員以外の人材を思うように活用できていない、と考えの方に読んでいただきたい内容としてまとめています。

さあ、短期間でアルバイト、パート社員のスキルアップを目指しましょう!

アルバイトは、仕事の内容を明確にすることが肝心

みなさんは、アルバイトやパート、派遣社員など、正社員以外のワーカーにどのような能力を求めているでしょうか。スキルを上げて社員並みに働いて欲しい、いろいろと気がつき、想像以上の働きを期待したい。そんな風にお考えではないでしょうか。

もしそうなら、それが採用や教育大きなミスマッチを生んでいるのかもしれません。仕事をする上で重要なことは、決めた内容を滞りなくこなしてゆくことにあるからです。

広告の後にも続きます

確かに人によっては、求める以上の能力を発揮する場合もあります。求める以上の能力を発揮する人がいたならば、それに応じたポストを用意するのが妥当な対応となります。

重要なことは、アルバイトやパートの職域を定めることです。それによって仕事の標準化が可能になります。標準化すれば、マニュアルが効果を発揮しますし、働く人もそこに注力できるのです(結果としていい仕事になる)。基準ができると教えやすくなり、スキルアップのスピードも速くなります。

極端な話、マネジメントに秀でているならアルバイトの部長もありなのです。

アルバイトやパートの職域を明確にすると、教育とスキルアップの時短になる

業務の棚卸と標準化で教えるべきことが明確になる

アルバイト、パート社員の業務が定まったら業務内容をマニュアル化(標準化)しましょう。業務手順書を活用するメリットは主に3つ挙げられます。

業務内容が明確になる

第1に、業務内容の明確化です。ワーカーが同じノウハウを持つことで、誰が業務にあたっても、同等の質を維持することができます。また、業務の偏りや、1人にかかる負担を軽減できます。

標準化により個人の能力を見える化できる

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル