top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】映画しまじろう『しまじろうと  キラキラおうこくの おうじさま』エメラルダ女王役の中川翔子、初の母親役に「ついに来たという感じ」

もっとエンタメ

 通信教育講座「こどもちゃれんじ」の人気キャラクター・しまじろうが活躍する、劇場版シリーズの第9作、映画しまじろう『しまじろうと キラキラおうこくの おうじさま』が3月11日から公開される。今回は、キラキラ王国にやって来たしまじろうが、危機にひんした王国を救うため、パール王子と共に奮闘する冒険物語。本作で、パール王子の母・エメラルダ女王の声を演じ、さらに主題歌「君のまんまが  いいんだよ」(作詞・作曲:ヒャダイン)を歌唱したタレントの中川翔子に、作品への思い、自身の子ども時代などについて聞いた。

-本作のオファーが来たときの心境は?

 しまじろうとは、誕生日が5月5日で一緒なんです。ずっと意識し続けてきたしまじろうと、ついに一生残るお仕事ができるんだ、“運命来た!”と思って「来た!」と言っちゃいました(笑)。

-エメラルダ女王役は、初めての母親役でした。

ついに来たという感じ。アンドロイドとか、女神とか、本当にいろんな役をやってきたのですが、母親役というのは、やはりすごく意識はします。母親ってどんな感じなんだろうって…。

-演じる上で意識したことは?

 以前、ポケモンの(看護医の)ジョーイさんの声を担当したときに、お姉さんの声を作って収録に行ったら、音響監督さんに「いやいや、中川さんは既に大人だから、そこにお姉さんを足すとすごいお姉さんになっちゃう。むしろ下げて」と言われて。「ああ、そうか」って。そのときの教えを思い出しながらやりました。お母さんだからと思って“お母さんみ”を出し過ぎると、うそっぽくなっちゃうので。

 今回のエメラルダ女王も、夫が早くに亡くなってしまっていて、それはうちの母とも重なりました。うちの母は、日々忙しそうにしていました。それでも、楽しいお母さんで、寂しいとかはなくて、そういうお母さんだなと思っていました。エメラルダ女王もすごく忙しく働いているけど、きれいにされているから、美容とか意識しているのかな、などと想像して、無理にお母さんぽくせず、自然に優しさが出たら、と演じました。<…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル