top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

川除大輝2個目の金メダルはおあずけも、春の陽気で再び“開花予報”

パラサポWEB

北京冬季パラリンピックの競技5日目の3月9日、クロスカントリースキーの男子1.3kmスプリントフリー立位が行われ、2日前の男子20kmクラシカル立位で金メダルを獲得した川除大輝が出場。2冠が期待されたが、準決勝2組で4位に終わり、3位までに与えられる決勝行きの切符を逃した。順位ひとつ及ばなかったが、パワーある海外勢に対し、最後まで金メダリストとしての意地を見せた。

決勝進出を逃したが「力は出し切れた」と川除 photo by AFLO SPORT

平昌大会から成長し「あきらめない走り」に

川除は前半の上り坂、近くで争っていた他の選手と板が交錯して、転倒してしまった。準決勝では障がいの程度によりタイム差がつけられてスタートするが、6人が一緒に滑って競り合うため、この競技ではよくある出来事。川除は「自分の不注意」と潔く認めた。

スプリントに出場した川除 photo by AFLO SPORT

そんなロスはあったものの、得意の上り坂では腕をしっかりと振って前との差を詰め、最後まで決してあきらめず、決勝進出の可能性に食らいついた。ロスがなければ……と思えるところだが、川除は「実力不足」ときっぱり。「決勝に行けなかったのは悔しくて満足していないけれど、力を出し切れました」とレースを振り返った。

このコメントからは、平昌大会からの格段の成長がうかがえる。当時は「ちょっとうまくいかないことがあると、すぐにあきらめている部分があった」という。北京大会で金メダリストになっても、いつも口角の上がった優しい雰囲気は変わらないが、レースへの執着は確実に強くなっている。

日本勢は7位の川除が最高順位だった photo by AFLO SPORT

一人の自立したアスリートとして

成長の姿がうかがえるのはレース中だけではない。川除は周囲に、自分の意見をはっきりと言えるようにもなった。金メダルを獲得した20kmクラシカルでは、ワックスの選定について積極的に意見を出したという。アップのあと、気温が上がることを見越し、ワックスマンに「もう少し強めで」と要望を出し、狙いがピタリと当たった。

広告の後にも続きます

「途中でスキーのチェンジもできましたが、それだと時間がロスになる。もし他の選手が変えなかったらとも考え、僕は最初から1本の板で行こうと決めていた。グリップワックスも後半まで止まってくれて、後半突き放すことができました」

1年前、札幌でのジャパンカップで「どちらかというと、ワックスに関しては、コーチに頼っています」と少し困った顔をして答えていた頃の面影は消えている。

情熱を支える冷静な分析力

北京のコースについても「自分に合っている」と冷静に分析していた。

男子20㎞クラシカルで優勝した川除がスプリント(フリー)に出場した photo by AFLO SPORT

「今回、上りから下り、しかも小回りしてつなぐというコースレイアウトが多かったんです。海外選手は一歩一歩が大きいので、細かい小回りがきかない。でも、この僕の体では、小回りの多いコースがすごく合っているのかなと思いました」

直線の多い下り基調のコースなら、重量のある選手がスピードに乗りやすいが、コースがうねっていれば、大きな差は出にくい。川除はそこから勝算を弾き出していた。

スプリントでは決勝進出を逃したが、こうした分析は、この後のレースにも生きてくる。さらに春めいて雪がとけてくれば、川除にはチャンスが広がる。雪が柔らかくなれば地面の反発力が弱まり、重い選手は雪に沈んでいく。一方、小柄な川除はそれほど沈まない。いっそう回転数を上げていけるのだ。

男子1.3kmスプリントフリー立位で金メダルを獲得したバンジャマン・ダビエ(フランス)と川除 Photo by REUTERS/AFLO

柔らかい雪なら「けっこうイケる」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル