top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

チームとしてまとまり見せたスノーボード、キャプテン小栗大地が描く4年先への成長曲線

パラサポWEB

北京冬季パラリンピック、スノーボード競技最終日の3月11日、雲頂スノーパークで「バンクドスラローム」が行われ、日本代表6人が最後のレースに臨んだ。標高差121m、走行距離540mのコースには、21のバンク(カーブ)が設定され、1人ずつ滑ってタイムを競う。

スノーボード日本代表の小栗

平昌大会で日本の成田緑夢が金メダルを獲得したこの種目だが、今回はメダルなし。結果は前回を上回ることができなかったが、それでも4年後につながる光明も見えた。

ともにわかち合えるチームに成長

競技終了後のセレモニーの幕が閉じ、競技会場の片付けが一斉に始まると、日本代表の二星謙一監督がメディアの前に現れ、北京大会を振り返った。

「平昌大会は、正味1年半だけの強化時間しかなく、成田選手の個の実力に頼った部分がある。でも、今回は北京までの4年間、チームとしてマインドを一つにしてやってこられました」

7日に行われたスノーボードクロスでは、6人中5人が入賞。メダルという目に見える形はなくても、日本が力を入れてきた種目でチームとして成長した姿を見せた。

広告の後にも続きます

そのスノーボードクロス同様、バンクドスラロームでも、日本は一丸となっていた。レース前日の公開練習後、それぞれが膝を突き合わせ、どのバンクがどんな形状をしているか、じっくりと話し合った。もちろんレース当日も、滑り終わった選手は、次の選手に情報を伝えていた。

13位に留まったLL2(膝上切断などの下肢障がい)の岡本圭司は、「誰も通用しなかったですけどね」と苦笑いしたが、それでも日本は誰かがいい滑りをすれば、それを自分のことのように喜べる一致団結したチームになっている。「とにかく一人でも表彰台へ」という思いを最後まで貫いていた。

キャプテンは背中で語る

そんな日本代表チームの中心にいたのが、小栗大地キャプテン(LL1・膝下切断などの下肢障がい)だ。チームで唯一、平昌大会を経験している41歳のベテランは、「今回は金メダルがほしい」と切望していた。

二度目のパラリンピックだった

小栗の平昌大会が終わった翌日にはもう、北京大会に向けて始動していた。それまで義足の右脚を後ろにするレギュラースタンスだったが、よりコントロールしやすいといわれる義足を前にするグーフィースタンスに変更する試みを始めたのだ。

利き手をかえるのと同じ苦労が伴うといわれるだけに、勇気を伴う決断だった。実際、新しいスタンスの習得には時間がかかり、1年前の大会で「3年目にしてようやく慣れてきた」と明かしている。

その甲斐あって、今大会のスノーボードクロスの順位決定戦では、前回大会の銅メダリストとの抜きつ抜かれつの接戦を制した。小栗自身、「ベストな滑りができた」という。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル