top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【防災用品担当バイヤー対談】第4回 防災食品「進化するお菓子」編

防災ニッポン

東急ハンズ 別府 井村屋の「えいようかん」もヒット商品です。このサイズで5個入っていて製造より5年の長期保存ができます。小型でカロリーもとれるので、避難時や帰宅困難時の行動食として備えるのもおすすめです。私も通勤バッグに1個入れています。甘すぎず水分と一緒でなくても食べやすく、また柔らかいのでお年寄りからお子さまも食べやすい点も重要なポイントですね。

ロフト 秋野 そうですね。「えいようかん」はロフトでも扱っていますが、ずっと売れていますね。理由としては、甘い物を食べて「ほっとできて落ち着く」という消費者の方の心理が働いて売れているのかもしれません。チョコレート味もありますね。

東急ハンズ 別府 お菓子をはじめ、日常で食べやすくパッケージもデザインもかわいい非常食は人気がありますね。「どんな味なんだろう」と普段の生活で好きな味をみつけて、ローリングストックとして備えていたら、非常時に食事面でのストレスを軽減できると思います。家で非常食を食べることで、防災について考えてもらうきっかけにもなると思います。

・東急ハンズ:防災×HANDS サイトへはこちらから
・ロフト:そなえるくらし サイトへはこちらから

3月11日公開:第5回 防災食品「味で勝負のお食事」編

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル