top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

津波が起こるメカニズム!予想されている津波被害と防災について

防災ニッポン

津波は大規模な災害を引き起こす現象の一つです。大地震にともなって発生することが多いですが、海に囲まれている日本では定期的に津波被害が発生しています。

国内の津波被害としては、2011年3月11日に発生した東日本大震災があります。あれから10年以上、人的被害をもたらすような大津波は国内では起こっていません。しかし、突然に発生して大きな被害をもたらすのが津波です。来るときは突然です。今一度、津波災害について知っておきましょう。

こちらの記事もおすすめ!→海外の海底火山噴火でも津波は来る!知っておきたい津波避難の注意点

津波が起こるメカニズム

地震による津波は、地震が発生して海底が動く際に、その上の海水を押し上げることによって発生します。津波は海底から海面までの海水がすべて押し寄せてくるため、通常の波に比べて破壊力が大きいという特徴があります。

たとえば、3mの波浪と3mの津波では、同じ3mの波でも破壊力はまったく異なります。波浪は風によって海面が動いてその高さが3mに達するわけですが、津波は3mの海水の壁が押し寄せてくるのと同じです。

広告の後にも続きます

気象庁の「津波波高と被害程度」によると、3mの津波が発生すると木造家屋は全面破壊します。
大きな津波が発生すると海水が街を飲み込み、海岸近くにある建物はすべて倒壊してしまいます。また、引き波によって倒壊した建物や車、人々はすべて海に流されてしまいます。

津波は震源が海底で、なおかつマグニチュード7を超えると発生するおそれがあると言われています。

過去の津波災害

日本ではたびたび大きな津波が発生しています。以下の表は日本における過去の大きな津波災害をまとめたものです。

このように大津波は数年~十数年の間隔で発生しています。津波災害は今後も必ず発生します。

今後どんな津波被害が予想されている?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル