top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ソニーが耳をふさがない構造の完全ワイヤレスイヤホン発売

もっとエンタメ

 ソニーは、完全ワイヤレスイヤホンLinkBuds(リンクバッズ)を発売した。新開発のリング型ドライバーを採用して、中央部をオープンにした小型・軽量の新形状で自然な装着感と耳をふさがない構造により周囲の音を聴きながら、音楽を聴いたり、情報を得たりすることができる。ホワイト、グレーの2色があり、市場推定価格は2万3,000円前後(税込み)。

 リング型ドライバー採用の本体は耳孔に挿し込む中央部分が開いているので、圧迫感が少なく小型・軽量さと相まって、常時装着して周囲の音を自然に聴きながら、本体を通じて、「音楽や必要な通知音、友人との通話など、あらゆる音と常に繋がれる」としている。

 新ドライバーに合わせて音質を制御するプロセッサーも開発。また圧縮音源も原音に近い広がり音に補正して聴ける独自のデジタル回路で高音質な再生を図る。周囲の騒音レベルを判断して自動で音量を調整したり、ユーザーの声を判断して環境ノイズと分離したりすることで、クリアで大きな声にならず自然な通話を可能にしている。

 本体だけでなく、耳の下のあたりをタップしても、音楽の再生/停止/スキップ操作が可能。人との会話などでユーザーが声を発するとその声を自動認識して再生中の音楽は一時停止して、そのまま会話ができるなど実際の使用に応じた便利な機能を搭載。クラウド音声認識サービスのGoogleアシスタント、Amazon Alexaに対応しており、音楽やニュースを聴いたり、対応機器の操作したりもできる。

 ソニーやマイクロソフトのAR(拡張現実)アプリと連携して、音声ガイド付きで街歩きを楽しんだり、案内を受けたり、周囲の音と一体となったよりリアルなゲームを楽しむ機構にも対応。ワイヤレスイヤホンの新しい方向性も備えている。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル