top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Qoo10がさつまいもの売り上げランキング発表 ねっとり系「紅はるか」が上位に!

もっとエンタメ

 安納芋など、甘みが強くねっとりとした触感の「さつまいも」がもたらした第4次焼き芋ブーム。まだまだ寒の戻りが激しい時期だけに、スーパーなどで見掛けるとつい手が伸びる。焼き芋といえば冬の風物詩だが、冬に限らずさつまいもは今や、たい焼きやコンビニスイーツなどでも定番のアイテムとなってきている。

 そんな中、eBay Japan(東京)が、運営するインターネット総合ショッピングモール「Qoo10」に「さつまいも」カテゴリーの売上ランキングを発表した。Qoo10サイト上で、2022年1月1日~31日の期間に抽出した「さつまいも」カテゴリーの各販売個数に基づく結果で、上位にランクインしたのは「紅はるか」。

 かつては、紅あずまに代表されるホクホクとした食感のさつまいもが主流だったが、現在は品種改良などにより、より甘みの強いねっとり、またはしっとりとした舌触りの品種が人気となっている。中でも安納芋、紅はるか、シルクスイートは、“さつまいも御三家”と呼ばれるほど人気なのだとか。

 健康意識の高まりとともにギルトフリーな食材として注目されており、自然な甘みと高い栄養価が置き換えダイエットにも最適な上、食物繊維が豊富なので腸活にも良いとされる。また、手軽に自宅でスイーツ作りの素材として使えるのも人気のポイントだろう。ある程度長期保存できることもあり、1~3位は、いずれも5kg以上のものが並ぶ結果となった。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル