top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

子供にスポーツをさせる前に必ず知っておきたいこと

パラサポWEB

野球の大谷翔平選手、テニスの大坂なおみ選手、ゴルフの松山英樹選手、フィギュアスケートの羽生結弦選手……世界で活躍する日本人アスリートは枚挙に暇がない。彼らに憧れてスポーツを始める子どもたちは多い。そんなスポーツ文化が盛り上がりを見せるのは良いことだと思われるが、一方で取り組み方によっては子どもたちに「負」の影響を及ぼしてしまう可能性があることを忘れてはいけないと語るのがスポーツジャーナリストの永井洋一氏だ。今の時代に改めて求められる、「個を育てる」正しいスポーツ教育のあり方について伺った。

先輩・監督の言うことには絶対服従。日本の古い指導体質がもたらすもの

そもそもスポーツは何のためにするのだろうか。ただ単にやると楽しいから、健康のため、そしてオリンピック・世界選手権で優勝、トップに立ちたい、○○選手のように世界へ行きたいから。どれも納得できる答えだ。また、子どもにスポーツをさせようという親御さんにとっては、教育のため、礼儀や秩序を学んで人間的に成長してほしいためという理由も大きいのではないだろうか。しかし、スポーツで本当にそれが叶うのか? と永井洋一氏は疑問を唱える。

「僕がずっとやってきたサッカーは、今でこそ海外で活躍する選手も出てきましたが、銅メダルを獲得した68年メキシコ五輪以降、低迷期が続きました。その原因の一つに、科学的根拠もないのにただただ苦しいトレーニングを重ねて艱難辛苦の果てに勝利があるという思考、あるいは指導者の言うことは絶対で、個を主張せず集団としてみんな横並びに同調することが必須、といった独特の精神文化があると思っていました」(永井氏、以下同)

永井氏のこうした洞察は、自身のスポーツ経験の中でも実体験として裏付けられている。

「僕が小学生のとき、地域の少年を集めて野球チームをつくるということになり、練習会みたいなものがありました。指導していたのは今から考えると高校生ぐらいのお兄さんだったと思いますが、やったのは体力トレーニングだけでボールは一切触らせてもらえない。ランニングやダッシュの練習をさせられて水は一切飲むなと。飲みたいと言うと“ばかやろう!”と一喝される。そんな苦しい練習を続けていたら、あるとき野球のことをよく知っているらしいおじさんがやってきて、『そんな練習じゃだめじゃないか、走るならベースランニングなどもっと野球に結びついた走り方をしなきゃ』と言ってくれました。『そうか、苦しむことと上手くなるために意味のある練習とはちがうんだ』と思った。それが原体験になっていますね」

勝利至上主義の異様な空間は、優しい同級生の人格さえも変えてしまう

広告の後にも続きます

永井氏は中学校ではバレーボール部に入部。ここでも非科学的、非論理的なことの強要や、画一化に向かわせる強力な同調圧力などに一貫して違和感を覚えていたのだという。

「バレーボールの部活でキャプテンが『気合いを入れて県大会、全国大会を目指そうぜ! だからみんなで坊主(丸刈り)になろう!』と言ったんです。僕は絶対に丸刈りは嫌だったからしなかった。するとみんなから白い目で見られましたね。またある時は、部員全員が暗い体育倉庫に入って「気合を入れる」という目的で自ら正座するという異様な行動があった。たぶん、先輩たちから同様なことをされてきたから、そうすることが正しいと思い込んでいたのでしょうね。そのときキャプテンが、僕がニヤッと笑ったと身に覚えがないことを指摘して『おいS、永井をビンタしろ!』と当時エースで身長182cmもあったS君に指示したのです。S君は普段、優しくて大人しくて、とても同級生をビンタするような子じゃなかったんですが、彼は黙ってのっしのっしと僕の前にやってきて鬼の形相でバンッ! と殴ってきました。驚きましたね。命令するキャプテンにも、人が変わったように僕を殴るS君にも。勝利とか気合いなどといえば、人はこんなにも変貌するものなのかと唖然としたわけです」

永井氏は大学のサッカー部でも、日本のスポーツ界に根強く残る矛盾を体験する。永井氏の母校は当時スポーツ推薦を行わない一般校としては好成績で、強豪校と伍して戦える順位にいたという。

「監督は国立の教育系大学の出身でスポーツ科学を学んでいたはずなのですが、これまで残してきた実績は『相手の三倍走る』ことで築いたのだという論理で、ただひたすら身体的限界に追い込む練習を強いられました。その頃には海外のサッカーをはじめとするスポーツの情報がいろいろ入ってきて、他の学校の練習やプレーの内容も近代的なものに変わってきているのに、自分は論理的根拠のない精神論で苦痛ばかり強いられる毎日だったわけです。いつまでたっても非論理的な過去の成功体験ばかり押しつけられる。僕が小学生の頃からやってきたばかばかしい練習、理不尽な体験がずっとここまで続いている。こんなことをやっているからこのサッカー部も、サッカー日本代表も、そして日本のスポーツもだめなんだと。もうこれは、子どもの頃のスポーツ教育から直していかなければいけないんじゃないかと考えたんです」

そして永井氏は縁あって、少年のサッカー指導に関わるようになり、以来40年以上、日産FC(現・横浜F・マリノス)でのプロコーチとしての活動をはじめ幼児から社会人まであらゆる年代の指導を続けている。

自分で考え判断し、自立した「個」を作るスポーツとは

自身が幼少の頃に比べて、スポーツの指導状況はずいぶん変わった、と永井氏は言う。一早く海外のコーチを日本に呼び、トレーニングなどのシステムを変えていったサッカーを筆頭に、日本のスポーツ界にも論理的、科学的なアプローチが定着し、世界にひけをとらない日本人選手が続々と登場しはじめている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル