top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『鎌倉殿の13人』 研究者が語る “喝” と “アッパレ”「宗時は暗殺ではなく戦死だが、源平合戦の描写はリアル」

SmartFLASH

北条政子は義時の姉で頼朝と結婚。小池栄子の好演はイメージどおりだという(写真・アフロ)

 

 源平合戦に突入したNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。

 

 多彩なキャラクターが織りなす人間模様はフィクションとして十分楽しめるが、歴史好きの視聴者からは「史実と違うのでは?」とツッコむ声が数多く聞こえてくる。

広告の後にも続きます

 

 そこで本誌は、ベストセラー『応仁の乱』、そしてドラマの主人公たちを論じた『頼朝と義時』の著者で、日本中世史研究者の呉座勇一氏に、あえて「ここが喝!」とツッコミどころを挙げてもらった。

 

 

 呉座氏は当初、今回のドラマの時代考証を務めるはずだったが、ネット上での発言が波紋を呼んで降板した人物だ。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル