top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】映画『子供はわかってあげない』沖田修一監督「今回は、青春映画を真正面からやったという感じです」

もっとエンタメ

 ひょんなことがきっかけで意気投合した高校生の美波(上白石萌歌)ともじくん(細田佳央太)。美波のもとに突然届いた「謎のお札」をきっかけに、2人は幼い頃に行方が分からなくなった美波の実の父(豊川悦司)を捜すことになる。田島列島の同名コミックを、『南極料理人』(09)『横道世之介』(13)の沖田修一監督が映画化した『子供はわかってあげない』のBlu-ray&DVDが、3月2日からセル&レンタル同時スタートとなる。それに合わせて、本作について沖田監督に話を聞いた。

-今回は人気コミックの映画化でした。監督はオリジナル物と原作物を交互に撮っている印象がありますが、何か違いはありますか。

 原作があっても、脚本を書いていれば、結局自分のものになると思ってやっています。だから、どちらもあまり変わらないと思います。ただ、オリジナルの方が、最後の答えがないようなものと向き合っている気がします。逆に、原作のあるものは、原作に一つの答えというか、正解がある。そういう意識の違いがあると、作り終わってから気付く感じです。作っている最中は、そういうことは全く考えていません。

-この映画は、上白石萌歌さん、細田佳央太さんを中心に、魅力的な俳優たちがそろっていて、彼らをずっと見ていたい気分になりました。監督の映画の多くは、ある意味で群像劇だと思いますが、演出のコツは?

 脚本の段階から、登場人物の皆に光が当たるようにという気持ちでいるので、そういうふうに見えるのかもしれません。あとは、僕は俳優さんと一緒に話しながらワイワイやるのが好きなので、その中で、ちょっとした役でも皆で名前を決めたり、いろいろな意見が出てきたりもするので、そういう雰囲気が映画に出ると、何か群像劇っぽいものが見えてくるのかもしれないと思います。

-監督の映画は、独特の間や緩いテンポの中、シュールで不思議なユーモアが漂い、現実とファンタジーの境目を描きながら、ほのぼのと明るいという共通点があると思います。自分は勝手に「沖田ワールド」と呼んでいますが、いつもどういうことを意識しながら映…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル