top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

テクニクスの小型スピーカーシステム新登場 同軸型ユニット搭載でリアルなステレオ再生を図る

もっとエンタメ

 パナソニックは自社オーディオブランド、テクニクスのスピーカーシステム「SB-C600」を、2月25日に発売する。新開発の同軸型ユニットの搭載により、広い音場空間の再現と明瞭な音像の描写によるリアルなステレオ再生を図っている。仕上げはブラック。価格は、11万円(ペア・税込み)。

 低音域用ウーファーと高音用トゥイーターを中心で一体化した同軸2ウエイユニットは、低音と高音がずれることなくより自然にブレンドされることで音の広がり感や立体感が高まることが特徴。SB-C600では、これをさらに活かすべくトゥイーターの前部に音波を整えるフェーズプラグを配置する一方、ウーファーは波面を乱さないスムーズな音の放射を得るために、振動板形状やフロントバッフルとのなだらかなつながりが得られる設計になっている。

 スピーカーユニット自体の振動の制御も重要だが、重心マウント構造という独自のユニットの本体取り付け方法を採用。ユニット自体の揺れを抑え、上下左右にブレの少ない正確な振動板の動作を確保することで、音場や音像の再現について、より高精度化も図っている。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル