top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

未来につなぐ|杉野真実 日本テレビアナウンサー④

防災ニッポン

子どもも大人も 一人ひとりの未来のために「命を守る」防災教育

地震について子どもたちに説明する時、「地面を揺らすナマズは家族で暮らしているのよ。お父さんやお母さんだけでなくて子どものナマズもいるから、お父さんが動いた後に子どもも動く。だから大きな地震の後にもまだ地震があるんだよ」と話すと、すぐに理解してもらえる、と防災教育の専門家の方に教えてもらいました。防災は難しいことをいかに頭で理解できるか、つまりお子さんが理解できる内容か、が大事だと私も、伝える際に自分自身に言い聞かせています。

(2021年5月29日 news every.サタデー 放送)

次々と災害が起こる日本では、子どもたちに自ら命を守る行動を身につけてもらうために、「防災教育“新時代”」として未就学児の防災教育に力を入れていく方針が決まりました。まだ学校のカリキュラムで必修ではないですが、「防災教育」は、皆さん一人一人の未来のためにもとても大切なものなのです。
「news  every. サタデー」の企画では、保育園の“楽しく学ぶ防災訓練”を取材しました。「身を守るポーズ」を身振り手振り、子どもたちから教えてもらいました。
ポーズは3つ。地震発生時、身を守る机が近くにある時には、机の下に入って“サル”ように手を伸ばして机の脚をおさえます。机がない時には、その場でうずくまり、“ダンゴムシ”のポーズで首を守ります。また、火災発生時には、“アライグマ”のポーズで、ハンカチや洋服で口を隠します。ただ頭を守る、と教えるのではなく、どんな危険に対してなぜ守るのか、ゲーム感覚で学ぶことで、人に教えられるくらい子どもたちが理解していることに驚きました。保護者の方は、「離れていても、あの子は自分で身を守れる」と思えることで、ひとまず落ち着ける、安心できるとおっしゃっていました。

(2021年5月29日 news every.サタデー 放送)

また、同じ、“防災教育”をテーマに中学3年生の女子生徒さんを取材した際には、いざという時に自分の身だけでなく、「お年寄りの手を引いて助けたい」と話してくれました。
とても頼もしく感じました。取材を通じて、家族・学校・地域、様々な組織の中で、防災士でなくても防災士になりうる存在がたくさんいることに気づけたことが希望になりました。特に、未来を担う若い力に頼りたいと思いました。

広告の後にも続きます

(2021年11月20日 news every.サタデー 放送)

いざという時「命を守る」呼びかけができるアナウンサーに 防災の学びを深める

“未来を担う人を育てる”という意味では、日本テレビのアナウンス部でも防災についての勉強会を行っています。日本テレビのアナウンサーは60人超います。私は入社の年でいうとちょうど真ん中の30人目ぐらいになっていますが、これまで防災について先輩から教えてもらったものをちゃんと後輩につなげたいと思ったのがきっかけです。2020年6月、防災に興味がある人に声をかけて始めました。アナウンサーはテレビに出ていない時間は、出演番組の準備などにあてていますが、在宅時間なども有効に使うようにして月1回、リモートで開催しています。現在は先輩方も含めて全員に参加を呼びかけています。
勉強会では、地震が起きたら何分後に市町村震度が判明して、何分後に津波がくるのかどうかがわかる、といった基本的な知識から確認するようにしています。東日本大震災で被災された方々にもオンラインでお話を聞いたこともありました。
誰かに教えるためには、もちろん私自身も学びを深めていなくてはいけません。専門家の先生方や被災された方、取材で出会った様々な方からお聞きしたことを、出来るだけ多くのアナウンサーに伝えようと思っています。アナウンサー全員が防災意識を高め、命を守るよびかけが出来るようになることで、いざという時に視聴者の方に「日本テレビを見ていてよかった」と思ってもらえたらうれしいです。

アナウンス部の勉強会でも話しているのですが、台風や大雨による災害、噴火など、一つ一つの災害を伝える上で、いつも大切にしたいと思うのは、テレビの前の方がどんな気持ちでこの放送を見て下さっているか“想像する”ことです。思い返すのは、大学3年生の春、入社前に都内で経験した東日本大震災の揺れ、その後の社会の様子です。あの時に感じた揺れの感覚は、まだ身体に残っています。また、あの時の不安や怖い、悲しいと思う気持ちも忘れないようにしています。これから起こってしまうであろう、首都直下地震や、南海トラフ地震、「とにかくどうしたらいいかわからない」という感情でテレビの前にいる方々、揺れている地域の方々に、出来るだけ思いを寄せて、少しでも落ち着いて頂けるように、心を込めて、お伝えしたいです。

自分の身の周り、近くにいる人を守りたいという気持ちが「防災」そのもの、だと私は考えています。是非、今この瞬間から、防災を始めてみて下さい。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル