top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】映画『牛首村』清水崇監督×大谷凜香「ロケ中に、空気が張り詰める瞬間を何回か感じました」

もっとエンタメ

 ホラー界の巨匠・清水崇が放つ“恐怖の村”シリーズ。その『犬鳴村』『樹海村』に続く第3弾『牛首村』が、全国公開中。今回は、北陸最恐の心霊スポットとして名高い「坪野鉱泉」を主な舞台に、「牛の首」の伝説やあることにまつわる因習が絡む。清水監督と、シリーズ3作にアキナ役で登場する大谷凜香による、映画とは真逆の和やかなトークを公開する。

-大谷さんは、シリーズ全作に出演していますが、3作とも出演の仕方が強烈です。

大谷 年に1回の早いペースで作られているので、監督の中では次の案も進んでいると思いながら、次はどんな出演の仕方だろうかと。

清水 アッキーナに限らず死に方はほぼ僕が決めているかもしれない。例えば、『犬鳴村』だと、周りが見渡せる高所などなさそうな所で電話が掛かってきて、話している相手が目の前に落ちてくる…で、後から鉄塔が映るというアイデアを、脚本家に伝えた。だんだんと電話の声と実際の声が近づいてきて、しかも目が合いたいと(笑)。

大谷 そうなんですよ。落ちるときって、風とか強いし怖いし、目をつぶりがちなんですけど、頑張って目を開けていました。

清水 『樹海村』のときは、彼女が主役のオーディションに応募してきた。

広告の後にも続きます

大谷 そうなんです。

清水 そのときはまだ主役も決まっておらず、言っていなかったんで、プロデューサーに「大谷さんは、俺の中では決まっている。同じアッキーナの役があるから」と慌てて伝えました。

大谷 『犬鳴村』のときに真っ先に死んでいるから、「次回作があっても凜香は出ないよな」って皆から言われていたので。

-そうですよね。同じく3作ともに出演している遼太郎くん(笹本旭)は死んでないから分かるけど、アッキーナは毎回死んでいる。設定では別人?

清水 多分。「パラレルワールドなの」ってたまに聞かれるので、『樹海村』の舞台あいさつで、「3作目で謎が解けます」と僕が適当なことを言った。

大谷 おっしゃっていました。

清水 言ったんですけど、たぶん解けない。マルチユニバー…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル