top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

中川翔子、渋谷の新名所にてガールズバンドを擁し、こけら落としライブ!

UtaTen

3ピースガールズバンドを従えてステージに登場した中川は「Wikipediaに書いてあったけど“こけら落とし”を見た人は寿命が延びるらしい!」などと投げかけ、会場にかけつけた合計1,400名のファンとともに渋谷の新名所のこけら落としを盛り上げた。



本編中で『calling location』を歌唱すると、10月からTVアニメ「ゾイドワイルド」でOP・EDアーティストとしてタッグを組む“ジェジュン”が、自身のコンサートでカバーしてくれていることにも触れ、「『calling location』ってアルバムの曲なんですけどね。まさかそんな風に楽曲が伝わってくれているのがうれしいです」と語った。

続く楽曲は『綺麗ア・ラ・モード』。はじめて歌ったときは、作詞を務めた松本隆氏からもダメ出しを受けたというこの曲も「歌えば歌うほど馴染んでくるよ」という松本氏の言葉の通り、年月をかけて磨き上げた歌声で魅了した。

ライブ中盤には、CHiCO with HoneyWorksの『世界は恋に落ちている』をカバー。
11月7日(水)にリリースする“チコハニ”とのコラボ曲のレコーディングを振り返って「とにかくあまい~~~!!」と興奮するなど、リリースを楽しみにしているファンの期待を煽った。



その後も「塔の上のラプンツェル」楽曲のメドレーも含め、ガールズバンドならではの華やかでポップなステージングを魅せると、本編最後は「100回以上歌ってきた」という代表曲『空色デイズ』で締めくくり。
「この場所では『空色デイズ』もまた初めての曲になります!この景色がこの場所の歴史に残っていくんだぜ!」と叫んだ。

そしてアンコール明け、「みんなが生きている間ずっと笑顔でいれるように」という想いを込めて自ら作詞した約3年半ぶりの新曲『blue moon』を初披露。
「はじめての瞬間はいつも緊張します」とつぶやいた中川の想いに応えるように、会場は青一色のサイリウムで染められて、ライブはこの日のクライマックスを迎えた。



怒涛の勢いとエネルギーであっという間に幕を下ろした、こけら落とし2公演合計36曲。
今年は新曲のリリースも続き、北海道から沖縄まで日本全国でのリリースイベントや、さらにアメリカ・ニューヨークでのライブも予定されている中川翔子の今後の活躍から、ますます目が離せなそうだ。



■公演情報
『中川翔子コンサート2018』
日時:2018年9月23日(日)
<第1公演>開場13:00/開演14:00
<第2公演>開場17:30/開演18:30
会場:渋谷ストリームホール http://stream-hall.jp/


M1.ドリドリ
M2.さかさま世界
M3.(昼)LUCKY DIP/(夜)ちょべりGood time
M4.Spiral
M5.誰にも言えないキスのあと
M6.続く世界
M7.calling location
M8.綺麗ア・ラ・モード
M9.(昼)ホロスコープ/(夜)白いチョウの夢
M10.世界は恋に落ちている(CHiCO with HoneyWorks カバー)
M11.髪に風受けて
M12.自由への扉
M13.桜色
M14.つよがり
M15.pretty please chocolate on top
M16.空色デイズ
EC1.blue moon(新曲)
EC2.rainbow forcast

TOPICS

ランキング

ジャンル