top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

菅田将暉『ミステリと言う勿れ』マンネリ作品ばかりのドラマ業界へのアンチテーゼ

SmartFLASH

 

 マンネリな作品ばかりで停滞している日本のドラマ業界に風穴を空ける――菅田将暉主演の月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)には、そんな期待を抱かずにはいられない。

 

 累計発行部数が1300万部を超える同名人気漫画の実写化。変わった性格ながら飛び抜けた観察力や推測力を持つ大学生・久能整(くのうととのう/菅田)が、事件の謎を解きつつ人の心をも解きほぐしていくという新感覚ミステリーだ。

 

広告の後にも続きます

 

 視聴率は好調で、第1話から第5話までの世帯平均視聴率は13.6%、12.7%、13.2%、13.3%、10.0%と推移(※ビデオリサーチ調べ/関東地区)。先週放送の第5話は数字を落としているが、同時間帯に北京五輪のスキージャンプが生中継されていたことが大きな要因だろうから、二桁を死守しただけでも大健闘と言える。

 

 高視聴率を維持している理由はシンプルに “面白いから” に違いない。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル