top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「違う、そうじゃない」 猫に『お手』をしたら、反応にツボる人が続出!

grape [グレイプ]

犬を飼う際、しつけの一環として、いくつかのサインを教えるのが一般的です。

代表的なのが、飼い主の手のひらに前脚を乗せる『お手』。しつけであると同時に、ボディタッチをする大切なコミュニケーションでもあります。

まみてぃ(@mamity39)さんは、2歳になる愛猫のボブくんに『お手』をしてみることにしました。

犬と違って一般的ではありませんが、しっかりと教えれば猫も『お手』などのサインを覚えることがあるといわれています。

ボブくんの前に手のひらを出し、『お手』を構えをした、まみてぃさん。

広告の後にも続きます

さて、ボブくんはきちんと『お手』をすることができるのでしょうか…!

「『お手』…?こうか?」

かなり近い…けど、惜しい!違う!

飼い主さんの手を下から支えるように、前脚を差し出したボブくん。誰もが突っ込みたくなるほど惜しい出来栄えです!

これでは、ボブくんにまみてぃさんが『お手』をしているように見えないこともありません。

投稿は拡散され、多くのコメントや13万件を超える『いいね』が寄せられました。

・「違う、そうじゃない」って声が出そうになった。

・吹き出したわ!人間側が『お手』をさせる立場なんかーい!

・手相鑑定士かな?かわいいからなんでもいいや!

猫と暮らしている人は、飼い主でありながら『猫の下僕』になることが多いといいます。

まさか、ボブくんはその関係性を理解した上で、あえてこの『お手』をしたのでしょうか…!


[文・構成/grape編集部]

出典 @mamity39

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル