top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

はるな愛2億円店10日で閉店!夢のパブ襲った“異臭騒動”

女性自身

「約2億円をかけて開いたはるな愛さんのショーパブが、1週間あまりでもう閉店したんです」(芸能関係者)

 

7月21日、都内に「Tokyo Ruby」をオープンしたはるな愛(46)。「Tokyo Ruby」は、はるなが全面プロデュースした本格的エンターテインメントショークラブ。はるなはオープン前日にレセプションパーティを開催し、この日のために12キロ減量したことや約2億円かけたことを告白。「ずっと夢見ていたことなので、夢がかなってうれしい!」と感無量の様子だった。だが、そんな“夢のショーパブ”が早くも閉店してしまったというのだ。

 

たしかに記者が確認したところ、8月中旬時点で店のHPには《7月21日に開店したばかりですが、こちらの勝手な都合上一時的に休業致します。 営業の目処が立ちましたら改めてご連絡させて頂きます》との文章。“一時的に休業”とあるが、電話をかけると「おかけになった電話番号は現在使われておりません」とのアナウンスが。現地も訪れたが、扉は固く閉ざされていた。いったい、何があったのか。9月中旬、本誌ははるなを直撃した。

広告の後にも続きます

 

――はるなさんのお店が閉店したとお聞きしました。トラブルがあったのでしょうか?

 

「いやいや! 実は、リニューアル中なんです。新しいショーのために機材なども入れ直していて、今準備しているところだと思います。それはたぶん、11月には終わるかと……。着物もすごいものを作っていますし、映像も作らなくてはなりません。スクリーンを使ったオープニングなので、かなり大掛かりなものになるんです。そのうえショーのリハーサルも必要なので、時間がかかるんですよ」

 

――約2億円は、ご自身で負担されたのでしょうか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル