top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北京パラリンピック前のラストレース! アルペンスキー男子座位3人が躍進を誓う

パラサポWEB

世界パラアルペンスキー(WPAS)公認「2022ジャパンパラアルペンスキー競技大会」(長野県・菅平高原パインビークスキー場)は、2月1日から4日間の日程で行われた。実施されたのは、高速系種目のスーパー大回転、技術系の大回転、回転の合計3種目。ここでは、北京2022冬季パラリンピック日本代表で、パラアルペンチームの主軸である男子座位3選手に注目した。

ソチ金の鈴木猛史は北京出場条件をクリア

「正直いうとホッとしています。情けない滑りで恥ずかしかったんですが、(高速系に続き)技術系の種目にも出られることになった安心感のほうが強いです」

大会2日目、大回転第1戦が終わり、合計2分01秒26で2位だった鈴木猛史(LW12-2)は、真っ先に安堵を口にした。

今シーズンは「コロナに翻弄された」と明かした鈴木

2014年ソチパラリンピックの回転で金メダルを獲得した鈴木は、前日のスーパー大回転第1戦で、3人中3位。タイムは1分03秒02だった。優勝した狩野亮(LW11)は58秒68で、2人には4秒34もの差がある。これには「ずいぶんセーフティーに滑ったタイム差でしたね」と狩野は半ば苦笑したが、仲間をねぎらう優しさがのぞいている。

狩野にとっては、トリノ、バンクーバー、ソチ、平昌と4大会をともに戦ってきた盟友・鈴木が、北京パラリンピックの出場資格を得て、チームメイトとして大舞台へ挑めることが決まったからだ。

広告の後にも続きます

鈴木は、コロナ禍で刻々と変わる社会状況に翻弄された一人だった。通常のシーズンであれば、世界上位ランカーは、世界を転戦するなかで、パラリンピック出場条件を満たしていくが、昨年11月、鈴木は海外遠征から帰国直後に行った新型コロナウイルス感染症検査で陽性反応が出て、その後、海外遠征ができず、パラリンピック出場に必要なWPAS公認のレースでポイントを持っていなかった。

編集注)パラリンピックの技術系、高速系種目に出場したければ、それぞれでWPASポイントを得ていなければならない。

そこで、実質、鈴木らを救済する措置として、日本障害者スキー連盟は、国際連盟との協議で本来、北京大会後に開催予定だった今大会を2月に移行。今大会で鈴木はパラリンピック出場のために「滑り切ること」が必須だった。もし、旗門を外し、途中棄権となれば、WPASポイントは得られず、パラリンピックに出場はできない。だからこその「安全な滑り」だった。

それだけにパラリンピック出場資格を得て迎えた最終日の得意種目は果敢に攻めた。「今大会で一番狙っている」と目を光らせた回転で、1本目は40秒75、2本目は40秒58で滑走。森井大輝(LW11)、狩野を抑えて優勝を果たした。「先輩方に負けたくないという気持ちがありました」

大会初日、慎重な滑りを見せた鈴木

開幕まで1ヵ月の北京パラリンピックに向け、実戦で調整もできた。これまではアウトリガーでポールを倒していくスタイルだったが、体でぶつかっていく新しいスタイルを一部取り入れ、どれだけ通用するかを試した。座面の高さも変え、「気を抜かない状態で、このセットでどう滑るのか確認できたのはよかった」と振り返る。

鈴木がこうして準備を進めるのもすべてメダルのためだ。33歳の鈴木は、2大会ぶりのメダルを見据えて、「ここで満足しちゃいけない。残りの期間も練習を頑張って、北京に合わせていきたい」と気を吐いた。

高速系に軸を置く狩野亮、今大会を本番への糧に

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル