top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

安室奈美恵のために大学教授を辞職、腕にはタトゥー! 海外でも熱狂的に愛された”日本の歌姫”

music.jp

安室奈美恵のために大学教授を辞職、腕にはタトゥー! 海外でも熱狂的に愛された”日本の歌姫”(C)music.jp  安室奈美恵が9月16日、芸能活動引退の日を迎えた。そんな彼女に国内のみならず海外からも引退を惜しむ声が広がっている。

(安室奈美恵引退当日 6時間生放送2大特番Abemaビデオ
https://abema.tv/video/title/90-1131

:https://abema.tv/video/title/90-1131)



 昨年3月には中国・深圳と香港で、そして5月に台湾・台北でツアー『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ in Asia』を開催した安室。台湾公演では22,000枚のチケットがわずか3分で売り切れるほどの人気ぶりを示した。また、彼女の姿を1目見ようと空港には500人以上のファンや報道陣が殺到し、一時空港内はパニックとなった。



 16日放送のAbemaTV『安室奈美恵伝説のライブ映像が復活 WE▼NAMIE FINALアンコールLIVE』では、台湾を訪れ「安室奈美恵が海外で実際どれだけ人気があるのか?」街の人に取材を行った。台湾ファンクラブリーダーのリンリンさんは取材に対し「歌とダンスのパフォーマンスが素晴らしくて本当にプロだと思う。彼女のコンサートはすごく魅力的」と話す。また台湾のシンボルとして有名な超高層ビル・台北101に安室へのメッセージを点灯させた張本人でもある彼女。台湾で大きな話題を呼んだプロジェクトだったが、理由は「台湾101は台湾のシンボルで世界的にも有名。そこに安室奈美恵の名前を入れたかった」というシンプルなものだった。さらに安室が訪れた事でファンの聖地となった焼肉店『Moe 燃 炭火焼肉 3号店』には、”安室が食事した席に座りたい”というファンが後を絶たないのだそう。なお、安室は、台湾でこれまでに12回ライブ公演を行い、自身の海外公演でのトップの数字となっている。



 さらに番組はシンガポールを訪問。2012年に新作をリリースした際に安室はプロモーションで、初めてこの地を訪れた。その際、空港には熱狂的なファンや報道陣が詰めかけ、ここでもパニック状態に。さらに現地のクラブ(『セントジェームスパワーステーション』)で行われたイベント『[Amuro night]』には、安室本人がサプライズで登場した。同イベントのフロアにいたというファン歴17年のフィピンさんはその時のことを回想し、「サプライズだった。(フロアの)みんなおかしくなってたわ」と笑う。さらにそのフィピンさんよりも熱烈なファンだというファン歴21年のカーリンさんの部屋の一面には、ポスターやフィギュア、CDなど数え切れないほどの安室グッズが陳列。壁には安室本人との記念写真も飾ってあった。



 最後はこれまで3度のライブツアーが実施された地・香港に飛んだ。ファイナルツアーだけで8公演を観戦したという、ファン歴23年のウィリアムさんは、安室の引退までの時間をファン活動に専念するため当時務めていた大学の教授職を辞職。取材していたスタッフに対し「見せたいものがある」と切り出してから、腕に『namie amuro 25th Anniversary Live in Okinawa』と彫られたタトゥーも見せてくれた。またファン歴23年のアイリスさんの呼びかけで行われたファンミーティングにはコスプレ姿のファンが集結。ここにも安室愛をタトゥーで表現する熱狂的な人がいた。


 また3つの国で”海外のファン100人が選ぶ安室奈美恵の好きなMV作品ベスト3”も調査した。台湾では3位に『GIRL TALK』、2位に『CAN YOU CELEBRATE?』、1位に『Baby Don’t Cry』がランクイン。シンガポールでは3位に『NEW LOOK』、2位に『Say the word』、1位に『CAN YOU CELEBRATE?』が選出され、そして香港では3位に『CAN YOU CELEBRATE?』、2位に『Baby Don’t Cry』、1位は『Do Me More』が入った。



 スタジオの草なぎ剛は「驚きますね、国境を越えて、タトゥーまでいれちゃって。香港の大学の教授の方は大丈夫なんですかね?」と心配するコメントを寄せると、関根勤が「来年あたり復職して欲しいですね」とオチをつけた(※なお、ウィリアムさんは現在は塾講師として働いている)。JOYは「海外の人が安室ちゃんをこれだけ応援してくれてるって事は本当に”日本の宝”なんだなって感じがしますね。逆に僕たちが台湾の歌手の方をどれだけ知ってるの聞かれたら名前が出ないじゃないですか。これだけ応援してもらえるってすごいことですよね」と力説。また安室を追い続けて25年、2005年には本人にもインタビューを行った音楽ライターの平賀哲雄氏は海外で人気の安室楽曲について「『Baby Don’t Cry』は日本のMV総選挙でも1位を獲得した曲ですし人気は高いと思います。イギリスとかだとDavid GuettaというEDMの鬼才がいるんですけど、その方は『_genic』(2015年発表)というアルバムで安室ちゃんとコラボレーションをしています。そのアルバムが人気あったりだとか国々によって特色はあるみたいです」と解説した。

※番組タイトル内の▼はハートマーク。

※草なぎ剛の「なぎ」は弓へんに剪が正式表記。



https://abema.tv/video/title/90-1131

▶︎安室奈美恵引退当日 6時間生放送2大特番Abemaビデオ配信中
https://abema.tv/video/title/90-1131


TOPICS

ランキング

ジャンル