top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

変化を恐れずに向かう、7度目のパラリンピック クロスカントリースキー・新田佳浩

パラサポWEB

4年前の平昌大会でパラリンピック通算3個目の金メダルを手にしたクロスカントリースキー・新田佳浩。「集大成」と位置付ける7度目の大舞台は、クラシカル(20km)で表彰台を目指す。

新田 佳浩|クロスカントリースキー 金メダリスト
岡山県出身。3歳で左腕肘下を切断。LW8クラス(立位)。1998年の長野大会でパラリンピックに初出場。2002年ソルトレーク大会のクロスカントリースキー5kmで銅メダルを獲得。2010年バンクーバー大会では日本代表選手団の主将を務め、クロスカントリースキーの10kmと1kmで2つの金メダルを獲得。2018年の平昌大会ではクロスカントリースキーのミドル・クラシカルで金メダル、スプリント・クラシカルで銀メダルを獲得。

――東京パラリンピックをどう見ていたか。

会場へは行けませんでしたが、選手たちがメダルを獲るために頑張っている姿を間近で感じ、北京大会に向けて気持ちが引き締まりましたね。

子どもたちが映像を見て、選手たちにあこがれを抱いたり、「こういうことに関われるかな」と考えたりする……会話のなかにパラリンピックの話題が出てくるようになって、日本の皆さんにパラリンピックというものを身近に感じてもらえたのかなと思います。

――平昌大会では8年ぶりに金メダルを獲得。今の原動力は。

僕はメダルが獲れない選手は、選手としては引退だと思っています。だから、メダルは追求していきたい。僕自身が獲ることもそうですが、いろんな選手にメダルのチャンスがある状況のなかで、戦ってもらいたいです。

広告の後にも続きます

次世代の選手の成長を促すことを積極的に行ってきました。北京大会で日本に複数のメダリストが生まれることが今後につながるのではないでしょうか。

昨秋に公開されたパラクロスカントリースキー日本代表陸上強化合宿――実績のあるベテランとしてどんな存在でありたいか。

チームとしてパラリンピック7大会連続してメダルが獲れるよう、チーム力を引き上げていければと思っています。

そのためにも、アスリートとしての技術や心構えを後輩たちに少しでも吸収してもらいたいと願っていますし、メダルが獲れる人と獲れない人の違いは何なのか、伝えることがいまの役割かなと思います。

――平昌大会後の4年間、どんな気持ちで競技に取り組んできたか。

僕自身、変化を恐れないことを大切にしています。平昌大会でメダルを獲ったときの取り組みは当然、正解だったとは思います。でも、そこからさらにバージョンアップしていかないと選手としてはダメ。やはり変化を恐れることなく、さまざまなことにチャレンジしていく姿を見せてこそ、真のアスリートなのではないでしょうか。

年を重ね、身体も変化しますが、そんな中でいろんなチャレンジをしていったら、いつの間にかパラリンピックに7大会連続で出場することになった。僕自身、自分の年齢や何大会出たということに興味はなくて。自分自身がこの年齢でどこまで頑張れるか、そこにチャレンジしているつもりです。

平昌パラリンピックで金メダルを獲得した新田佳浩 photo by Getty Images Sports――美しいフォームが持ち味。意識している点は。

できるだけ大きなフォームで走ることを意識しています。これまでは、スピードを出すため、細かく走ることを意識していましたが、走り方を変えました。ダイナミックなフォームのほうが自分のパフォーマンスを発揮できると思いますし、いい感触があります。

――課題は。
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル