top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

人気絶頂で突然の解散、今も再結成をしないBOOWYの美学

女性自身

 

その後、「BOOWY」への改名や、ファーストライブの観客の1人だった高橋まことの加入を経て、’82年にアルバム『MORAL』でメジャーデビューを果たした。

 

「8ビートの曲調で、ハードロックというよりポップ。氷室京介さんのハスキーな歌声も魅力的ですが、黒を基調にしたファッションなど、ビジュアル面でも女性ファンの心をつかみました。一方、バンドのスタイルにおいて、布袋さんの存在も大きかった。それまでのバンドはほとんどヴォーカルが主人公でしたが、前面に出てくる布袋さんのソロギターは圧倒的な存在感がありました。エレキギターが欲しくて、ためたお小遣いを握りしめ、“楽器の街”とされる御茶ノ水のショップに行った男子も多く、’80年代末の『イカ天』に代表されるバンドブームの基礎を作ったともいえます」

 

広告の後にも続きます

『わがままジュリエット』『B・BLUE』(ともに’86年)、『ONLY YOU』『Marionette‐マリオネット‐』(ともに’87年)などヒット曲を連発するも、テレビ番組での露出は少なかった。

 

「演奏が聴けるのはおもにライブかCDでのみ、情報も音楽雑誌からと限られていました」

 

浅く広くファンを増やすより、熱心なファンを大切にしていたのだろう。人気絶頂で解散を発表したのも、’87年12月、ツアー最終日となるライブ会場だった。

 

その直後には、NHKが速報を流し、さらに翌日には大手新聞に「BOOWY解散。」と大きな広告記事を掲載。社会にインパクトを与えた。

 

’88年4月の最後のライブ『LAST GIGS』のチケット約10万枚は、わずか10分ほどでソールドアウトしたといわれている。

 

「日本を代表するロックバンドに成長しながら、潔く解散させてしまうところに美学を感じました。現在に至るまで再結成しないのもBOOWYらしいですね」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル