top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ブッチャーもハンセンもホーガンも…伝説の外国人レスラー「素を見せた一瞬」

SmartFLASH

額の傷にお札を挟んむアブドーラ・ザ・ブッチャー

 

 今年は新日本プロレスと全日本プロレスがともに旗揚げ50周年を迎える歴史的な年だ。プロレスといえば迫力ある攻防や華麗なコスチュームが楽しみのひとつだが、忘れてはならないのが “外国人レスラー” の存在。

 

 今回、少年時代から多くの個性派レスラーを撮影してきたプロレスカメラマンの大川昇氏(54)が、昭和の “超人” たちの封印されていたプライベート写真とともに素顔を明かした。

広告の後にも続きます

 

 

 まず紹介するのは1971年2月に初来日して以来、 “千の顔を持つ男” の異名を持ち、試合ごとに異なるマスクとコスチュームでファンの度肝を抜いたミル・マスカラス。

 

「昨年、旭日双光章を受章しましたが、素顔もじつに親日家です。来日すると必ず浅草で神社仏閣巡りをして、自身のマスク用に着物の生地を物色しています。日本人よりも日本文化に精通しているのではないでしょうか。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル