top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岡田晴恵氏 尾身先生に「考え方を変えてください」と伝えたくて/テリー伊藤対談(1)

アサ芸Biz

 著書『秘闘:私の「コロナ戦争」全記録』が話題の岡田晴恵氏。多くのメディアに出演し、様々な提言を行ってきたが、実は天才テリーとは旧知の仲。対談はオミクロン株が猛威を振るう直前の昨年12月23日に行われたが、その直言には危機感がヒシヒシと。

岡田 お久しぶりです。今日はすごく楽しみにしてました。テリーさんには、まだ私が厚生労働省の感染研(国立感染症研究所)にいた時にラジオ番組に呼んでいただいたんですよね。

テリー そもそもは、ラジオの前にテレビで一緒になって。その時の岡田さんのコメントがあまりにも的確だったから「この人スゴい」と思って、番組が終わったあとに僕が声をかけたんですよ。

岡田 そうです。急にテリーさんが来て、私の肩を抱いて「電話番号教えてくれる?」って。今ちょっと誇張しましたけど(笑)。

広告の後にも続きます

テリー アハハ、全然いいですよ。で、そのあとにラジオのスタッフに「岡田さんを呼んでほしい」って話をして、生放送に出てもらったんです。

岡田 あの時はテリーさんから「今からニッポン放送に来れる?」ってお電話をいただいて。急に決まったので、どこかのテレビ局からタクシーで行ったのを覚えてます。その時、結核の話を聞いてくださったんですよ。ホットな話題だったから、すごく印象に残って。それで、そのあとテリーさんのお兄さまの築地の卵焼き屋さんに行きました。

テリー ありがとうございます。

岡田 そしたらお兄さまも私のことを知ってくださっていて。その頃はまだ築地市場がありましたので。

テリー そうですよね。築地場外市場も今はコロナで、うちなんかの商売も厳しい状況になってますね。

岡田 やっぱり人が集まらない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル