top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

1/29劇場公開『誰かの花』特別対談 梶原俊幸 支配人(ジャック&ベティ)×奥田裕介(監督)

cinefil

ミニシアター、横浜シネマ・ジャック&ベティの30周年企画として製作された『誰かの花』がいよいよ1月29日からジャック&ベティ、渋谷ユーロスペースで劇場公開されます。
ジャック&ベティの梶原俊幸 支配人と奥田裕介 監督の対談の様子をお届けいたします。

奥田裕介監督

ミニシアターのこと

(梶原)私は東京の吉祥寺で育ったんですが、町中に映画館がいくつもあって、こどもの頃から映画館に行くことが多かったんですね。
映画館によっては二本立てもあり、観に行った目当ての映画のもう一本を観たらとても面白かったり・・・。
それまでは流行りの映画を観ることが多かったんですけれど、高校時代に出会った映画で映画への接し方が変わりましたね。
高校の授業だったんですけれど、ちょっと変わった先生がいて、授業で『羅生門』を観せてくれたんです。そこで、ああこんな映画もあるんだな、と。
大学時代に、雑誌の「ぴあ」が流行っていたので、「ぴあ」を見て映画や演劇を観に行こう、というようなサークルをつくって楽しんでいたんですね。
メールで誘い合って最終的には100人くらいまでメンバーが集まって。

(奥田)梶原さんと以前話したときに、アスガー・ファルハディ監督の話で盛り上がったことがあるんですけれど・・・。

広告の後にも続きます

(梶原)そうでしたね。

(奥田)自分は、アスガー・ファルハディ監督の作品が大好きで、あとはイラン映画に影響を受けているんですね。子供の頃に母とジャック&ベティさんでイラン映画を観て、帰り道に話したり、それが自分の映画の原体験です。

(梶原)イラン映画はミニシアターでしかかからないですものね(笑)。
我々は2007年3月からこの劇場を引き受けたんですけれど、当時から毎月お客さんと交流会をしているんですね。立ち上げ当時、お客さんからは「大きなシネコンみたいな映画館でかかる映画をかけてもつまらない」「もっとたくさんの映画を観たい」「ミニシアターならではの作品があってもいいのでは」などのご意見をいただき、できる限り小さくてもよい作品を選んで上映するようにしてきました。
ミニシアター全国数十館でかけて何とか採算が取れるような日本映画や外国映画も多くあると配給さんから伺っています。ミニシアターが続くことで映画の多様性も生まれるし低予算でもよい映画が生まれる環境があると思います。苦しくてもミニシアターが映画を提供し続けていくことが大切だと思うんですよね。
その中でミニシアターを後押しするような作品が生まれてくることもあるでしょうし。

(奥田)ミニシアターでは、映画を観た後に自分で考えたり完結できるような映画が多くかかりますよね。シネコンにそういう全く作品がない、というわけではなく、やはりミニシアターで上映される作品にそういう作品が多い。僕自身、映画を観た後の余韻を楽しむことが好きなので、ミニシアターに通うんでしょうね。

ジャック&ベティ梶原俊幸 支配人

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル