top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

リボンがない時に!マステで作れるリボンの作り方

grape [グレイプ]

筆者の家では、3大『家にあると思ったのになかった、買うほどじゃないもの』があります。

それは、輪ゴム、ビニール袋、そしてリボンです。貧乏性の1つでしょうか、人からもらったものや、購入品に付いていたものをストックしています。

しかし、いざ使おうとすると、ない…ということが年に数回あります。特にリボンは、ちょっとした贈り物につけようと引っ張りだしてみると、大きさや柄が合わない…ということも。

今回は、そんなリボンをマスキングテープで代用する方法を紹介します。

材料:
・マスキングテープ
・はさみ

広告の後にも続きます

作り方:
1.マスキングテープを30cmに切る。

2.テープの端を1㎝ほど残して、半分にピッタリと貼り付ける。

この時、粘着部分が手についてしまうと貼りにくいのですが、両端を強めに引っ張りながら貼ると合わせやすかったです。

作り方:
3.テープで輪を作り、2で残しておいた粘着部分でピッタリと重なるようにとめる。

4.マスキングテープを3㎝ほどに切る。

5.3の中心部分がじゃばらになるように山折り・谷折りを2回繰り返し、4のテープでとめる。

作ったリボンは、両面テープを貼れば、ラッピングやメッセージカードに付けることができます。

お気に入りのマスキングテープで、ぜひ試してみてくださいね。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル