top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

テミンへ軍同期が残したメッセージ…「そっとしてあげて」一部ネットでの特恵論争を受け

韓流大好き

SHINeeのメンバーテミンが、うつ病及びパニック障害の悪化で、補充役(現役兵に欠員が生じた場合補充される)に編入した中、テミンの軍同期らの応援メッセージが話題に。

所属事務所、病状の悪化を発表

(c)SMエンターテインメント

14日、テミンの所属事務所SMエンターテインメントは「テミンが国防部勤務支援団軍楽隊の補充役に編入した」と明かした。服務中もうつ病及びパニック障害の治療を継続して受けてきたテミンだが、最近症状が悪化し、軍生活と治療を並行することが不可能だという診断を受けたためだ。

物議に対し、軍同期がテミンの人柄伝え自制要求

(c)兵務庁SNS

だが一部ネットは、補充役=社会服務要員として代替服務を行うことになったテミンに、冷たい視線を向けた。現役入隊した芸能人らの補充役編入事例が多かったが故、特定の職業につく人物を補充役に転換させているのではと指摘したことによるもの。

これに、テミンと軍生活を共にした同期らは該当のネットユーザーに向け「兄さんを責めないでほしい」とコメント。

(c)STARNEWS

テミンとノンサン訓練所の生活館で共にしたという同期A氏は「テミン兄さんはうつ病の薬をたくさん持って来ていて、毎晩飲んでいたのを覚えている。辛くても、みんな年下ばかりだからと訓練に一生懸命取り組み、努力していた兄さんだ」と綴っている。

(c)STARNEWS

テミンと現役服務不適合判定を受けたB氏も「テミン兄さんは薬を飲んでも毎晩悪夢にうなされ、何度も目を覚ましていた。それでも笑顔を絶やさず相談にも乗ってくれる兄さんだ。辛いのにいつも他人を思いやってくれる人。だけど『ここを出たらまた何を言われるか、怖い』と言っていた。だからどうかいろいろ言わないでほしい」とテミンへの批難を控えるよう要請した。

また、テミンと同じ生活館で過ごし、首都病院生活まで共にしたと明かすC氏は「自分も同じ病を持っている。僕が見てきたテミン一兵の姿は、芸能人特恵など絶対になかった。補充役編入審査過程でも、軍側で相当厳しく綿密に審査を行った。色眼鏡でむやみに物事を言わないでほしい」とコメントを残している。

(c)兵務庁SNS

これにネットでは、テミンの補充役転換についてむしろテミンが自身の病歴よりも入隊を選択したことを尊重すべきとしている。
「テミンさんのおかげで幸せを感じる人が多い。誰かが、あるいはある事が、テミンさんにとって大きな力になってほしい」
「一人で乗り越えようと辛かった事と思う。病に打ち勝ってほしい」
など応援メッセージを送っている。

彼が無事に除隊してきてくれることが一番。どうか、苦しんでいる人物に様々な疑いを向けて攻撃ともとれる行為はやめてもらいたい。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル