top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『猟銃立てこもり事件』、報道カメラマンがアリエナイルール無視し視聴者から怒号殺到「正気の沙汰じゃない」

Quick Timez

(※画像はイメージです)

昨夜、埼玉・ふじみ野市で発生した立てこもり事件の続報を伝えた28日の「スッキリ」(日本テレビ系)。

すると同番組の上空映像が捉えた、報道陣のアリエナイ行動に視聴者から怒りの声が殺到することに。

日テレ『スッキリ』、埼玉猟銃立てこもり事件を速報で伝える

28日、昨夜埼玉・ふじみ野市内で発生した立てこもり事件の続報を伝えた「スッキリ」(日本テレビ系)。

番組開始2分前に捜査員が突入し、犯人の男を確保するという緊迫した様子を中継を交えながら報じました。

広告の後にも続きます

番組の放送スタート同時に、犯人の男を確保したという情報を中継映像を交えながら伝えた同番組。

スタジオには元警視庁の特殊部隊に身を置いていた専門家も登場し、凶器となった猟銃について解説が行われると「立てこもる準備をしていたわけではなくて、トラブルが起きてその後発砲して警察に囲まれて、これは立てこもる状態になってしまったという場合もありますね」と加藤浩次さんもコメント。

また、コメンテーターの石川和男氏は猟銃保有免許の発行数が20万人分という事実を挙げながら「1億2700万人の国なので人口比率からすれば2%にも満たないのですが、絶対数として20万人の方が猟銃を持っているということを改めて知りまして、そういう社会なんだということを認識した」と、銃規制が敷かれた日本社会にも多数の銃機器が存在していることを指摘。

「それと同時に事件によって猟銃規制が厳しくなるとそういうことは想定されませんけどもしかし、警察当局では講習会とか定期的にやるということなんですけども、これは注意喚起が行われていくんだと思います」と述べていました。

「正気の沙汰じゃない」報道陣の違法行為に怒号…正体はテレビ朝日か?

放送直前に捜査員が突入した埼玉猟銃立てこもり事件を、中継を交えながら報じた28日の「スッキリ」。

しかし、その中継映像に視聴者からは怒号が飛び交う事態が発生していました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル