top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』本編シーンが解禁! 少女エミリーと赤い子犬の出会い

ガジェット通信

出会った時は、赤くてちっちゃい可愛い子犬ちゃん。一夜明けたら、子犬のままでっかくなっちゃった!? アメリカの児童文学作家ノーマン・ブリッドウェルが1963年から発表し始めた児童文学作品を原作に、映画史上最もでっかくて!?赤い子犬が現代のニューヨーク・マンハッタンを舞台に、日本の大スクリーンで大騒ぎ! 映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』(原題『Clifford the Big Red Dog』)が現在公開中です。

日本語吹替版キャストには、たしかな人気・実力と、犬への大いなる愛を兼ね備えた、ワンダフルな豪華声優陣が集結!チャーミングで憎めないクリフォードに大きな愛情を注ぐ、大切な相棒となる主人公の女の子・エミリー役には、「鬼滅の刃」や、先ごろ発表された『劇場版 呪術廻戦 0』など超話題作へ次々に出演、目覚ましい活躍を続けすっかりお茶の間でもお馴染みの花澤香菜!エミリーに好意を寄せ、困ったときには手を差し伸べてくれる同級生オーウェン役には、2020年「ヒーリングっど♥プリキュア」キュアアースが小学生女子を虜にさせた三森すずこ、さらに金丸淳一、諏訪部順一がでっかい大騒動を彩ります。

こんなに可愛い犬見たことない!と、運命の出会いを果たした少女エミリーと赤い子犬。どれだけ愛して、どれだけ大きく成長するのか。本編抜粋映像を解禁!

【動画】『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』本編シーン 少女エミリーと赤い子犬の出会い
https://www.youtube.com/watch?v=ZvQfozIm3ns

この動画は主人公の少女エミリーが訪れた不思議な小屋で、ひとりポツリとたたずんでいた赤い子犬と出会う重要なシーン。謎めいた小屋の主人ミスター・ブリッドウェルから、家族を亡くして途方に暮れていたのかもと聞いたエミリーは、運命を感じ連れて帰ろうとすると、さらに一言、この子犬がどれだけ大きくなるかは「どれだけ愛するか」だと告げられる。この先に巻き起こる大騒動などもちろん知る由もなく、まさか翌朝に、本当にでっかくなろうとは…!

広告の後にも続きます

まるで彼女が迎えに来てくれるのを待っていたかのように、しっぽを振って喜んでいる子犬・クリフォードの仕草を見ているだけでも幸せいっぱいのこのシーン。学校で仲間外れにされてしまっているエミリーの人生が大きく変わる出会いで、演じたダービー・キャンプは「クリフォードは小さな子犬だけど、見た目はとても大きくなって、エミリーは外見は小さいけれど、心はとても大きい。クリフォードがエミリーの内面をより大きく、強くしてくれるんです」と多感で繊細な少女と唯一無二のでっかい子犬との絆について明かしています。

そして実は、エミリーとクリフォードを引き合わせてくれるミスター・ブリッドウェルというおじさんは、原作には登場せず映画のために生み出され、著者のノーマン・ブリッドウェルに敬意を表して名付けられたキャラクター。この役を演じる、「モンティ・パイソン」のメンバーであり『ハリー・ポッター』シリーズの“ほとんど首無しニック”などでも知られるジョン・クリーズは「とてもウィットに富んでいるし、笑顔になれるようなセリフが書かれた脚本を手にすると、”ああ、これをやりたい”と思うんだ」と語っています。

いよいよ日本でも1月21日(金)より、エミリーと同じように、でっかくなっちゃったクリフォードと映画館で出会える日がやってくる!ぜひ家族みんなでお楽しみください!

(C)2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル