top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

生瀬勝久&杏「お父さんとしてのオロオロ感がわかる」「何もしないで見守ることの難しさ」 『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』は万国共通、親子の物語

ガジェット通信

大人気アニメーションの第2弾『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』が、いよいよ日本でも公開に! 今作では思春期を迎え、家族の食卓に顔を見せない長女ウェンズデーを心配した父ゴメズが、妻のモーティシア、ウェンズデー、パグズリー、フェスターおじさん、執事のラーチ、ハンドとペットのキティを連れ、家族の絆を深めるドライブ旅行をすることに! 屋敷を飛び出し、行く先々でドタバタ騒動を起こす家族を、予想もしない出来事が待ち受けるという、前作からパワーアップした内容に早くも期待が高まっています。

その公開を前にゴメズ役を続投した生瀬勝久さん、同じくモーティシア役を続投した杏さんにインタビュー。思春期を迎えたウェンズデーの成長と、それを見守り、困難には全力で立ち向かう家族の愛を描く本作の魅力について語っていただきました。

■公式サイト:https://www.universalpictures.jp/micro/addams-family-2 [リンク]

●アフレコを終えていかがでしたでしょうか?

生瀬:今回も楽しく終えました。アフレコの順番が最後のほうだったのでみなさんの声を聴きながらアフレコができたので、とても助かりました。キャラクターの動きと自分のセリフの量が上手くシンクロすると充実感があります。楽しかったです!

広告の後にも続きます

杏:一年越しの続編だったので、上手くモーティシアに戻れるかなという不安はあったのですが、アフレコの前に去年のバージョンを聴いたら、すぐにモーティシアの感覚が戻って来たので、わたしも楽しくできました!

●前作との違いは感じましたか?

杏:前作は家族の中だけのお話でしたが、第2作目の今回はロードトリップになっていて、家族でアメリカの名所を横断して行くストーリーが大枠であります。それが長女ウェンズデーの反抗期と重なっているんです。なので旅行モノとしても楽しかったですし、育児という面ではまだわたしが到達していない親子の衝突が描かれています。お父さんが暴走して、よりうざがられてしまうところも万国共通なのかなと思いました。

生瀬:あの娘のようだったら僕もきっとオロオロするだろうなと思いましたよ(笑)。僕も娘は自分を愛しているだろうと思い込みたい。なのでゴメズには親近感みたいな、そのままの気持ちでアフレコできました。お父さんとしてのオロオロ感がわかるんです。実生活でも嫌われたくないのが一番ですよね。嫌われたくないです(笑)。

●娘の言う都合が悪いことを一切受け入れようとしない姿勢が面白かったです!

生瀬:「あ、思春期だから」「今血迷っているのかな」と思い込みたいわけですよね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル