top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

声優初挑戦の堀田真由「島﨑さん、榎木さんが両側にいてくださるのは、本当に頼もしかったです」 アニメーション映画『ブルーサーマル』アフレコ現場レポート

ガジェット通信

——初めて三人揃ってアフレコをされた感想を教えてください。

島﨑:率直に楽しかったです。ほかの現場ではあまりないことなんですが、『ブルーサーマル』では事前にキャストが集まって台本の読み合わせをしていて。そのときに堀田さんや榎木くんと芝居の雰囲気やお互いの人物像を確認し合っていたこともあって、今日は安心して臨むことができました。

堀田:三人でお会いするのは今日が二度目だったんですが、わたしも読み合わせでお会いしていたおかげで緊張せずに取り組めました。特にコミカルなシーンを一緒に演じたことでグッと距離が縮まった気がします。

島﨑:そうですね。今日は、初めに僕が演じる倉持と堀田さんが演じるたまきだけのシーンを二人で録って、そのあとに榎木くんが合流したんですが、倉持とたまきのシーンはシリアスな場面が多かったんですよ。そんな映像の空気もあって最初は少し気を張っていたのですが、榎木くん演じる 空知が加わったことで一気に明るい雰囲気になりました。空知はこの作品のコメディ部分を担っている子かもしれないですね(笑)。

榎木:確かに空知はすごくいいキャラですよね(笑)。休憩中には三人で、それぞれの業界の話をして盛り上がりました。堀田さんから映像業界と声優業界の現場の違いを教えてもらったりして、それもすごく面白かったです。

広告の後にも続きます

——堀田さんは、前日にもお一人のシーンなどのアフレコをされていたそうですね。本日、お二人と同じ空間でアフレコをされてみて、一人でアフレコしたときと違いを感じた部分はありましたか?

堀田:今作が声優初挑戦だったこともあって、どんな球を投げても全部ひろってくださる島﨑さん、榎木さんが両側にいてくださるのは、本当に頼もしかったです。一緒にやらせていただくとできないなりにも、自分も上手くなったような気がするといいますか(笑)。あと、おふたりが先ほどおっしゃっていたお話とも通じるものがありますが、わたしもプロの声優さんと一緒にやらせていただいたことで、普段の実写のお仕事とは違うお芝居の雰囲気を実感することができて、とても学びになりました。

——島﨑さんと榎木さんからご覧になって、声優としての堀田さんの魅力はいかがでしたか?

島﨑:そもそも素敵な役者さんですが、声の表現をする素質も素晴らしいと感じましたね。このままの感性や感覚を持ちつつ、これからもいっぱい声優の仕事に挑戦してほしいですし、機会があればまたご一緒できたらうれしいなと思います。

榎木:堀田さんのお芝居は、「“声優の型”にハマらないからこそのありのまま感」がすごく素敵で。僕もそういうありのままな雰囲気が出せるお芝居を身に着けたいと感じましたし、学ぶところが多くありました。そんな堀田さんの魅力そのままの方向性で、これからもまっすぐと進んでいってほしいですね……って、なんだか偉そうになっちゃったな(笑)。

堀田:いえいえ! 素敵なお言葉、ありがとうございます!

本作は、青く澄み渡る大空を舞台に躍動する大学航空部を描いた青春漫画「ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-」(小沢かな)の映画化。映画『ブルーサーマル』は、2022年3月4日(金)に全国公開です。

■作品情報
出演:堀田真由、島﨑信長、榎木淳弥、小松未可子、小野大輔、白石晴香、大地葉、村瀬歩、古川慎、高橋李依、八代拓、河西健吾、寺田農
原作:小沢かな『ブルーサーマル ―青凪大学体育会航空部―』(新潮社バンチコミックス)
監督:橘正紀
脚本:橘正紀、高橋ナツコ

主題歌:「Blue Thermal」SHE’S(ユニバーサル ミュージック)
挿入歌:「Beautiful Bird」SHE’S(ユニバーサル ミュージック)
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム
製作:「ブルーサーマル」製作委員会
配給:東映
(C) 2022「ブルーサーマル」製作委員会

(執筆者: ときたたかし)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル