top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

はじめしゃちょー、東海オンエアらYouTuberが“2021年にもっとも聞いた曲”を「みの」が調査

yutura

アーティストとしても活動するYouTuber「みの」(登録者数34万人)が25日、人気YouTuberら8人に直接聞いた“2021年にもっとも聞いた曲”の回答結果を発表。
動画概要欄では、人気YouTuberらイチオシの曲を集めた豪華なプレイリストも公表されています。

チャンネルの恒例企画

みのは今月25日、自身のYouTubeチャンネルにて「2021年にYouTuberが一番聴いた楽曲」を公開。
一昨年より続くチャンネルの恒例企画で、今年は「はじめしゃちょー」(登録者数1010万人)や「フィッシャーズ」(同720万人)のリーダー・シルクロードをはじめ、8人の人気YouTuberからの回答結果が公表されています。

YouTuberが歌詞に共感した曲とは

2年前の企画では「イエスタデイ」(Official髭男dism)と回答していたはじめしゃちょーですが、2021年は東京事変の「獣の理」との回答。
ゲーム実況者の「SHAKA(釈迦)」(登録者数45万人)は、2020年の「Rep(Remix)feat.NORIKIYO」に引き続き、ZORNが昨年8月にリリースした「Stay Gold」を一番聞いた曲に選びました。

企画初登場となる「へきトラ劇場」(同61万人)の相馬トランジスタが選んだのは、キュウソネコカミが2018年にリリースした「The band」。
「おもしろいのは大変ね 同じことじゃ飽きられるから」「半歩先目指したい 流行りに中指立てるの肩身狭い」といった、YouTuberなら絶対に共感してしまう歌詞がリピートの理由だとしており、みのも「YouTuberの動画投稿マラソンみたいな人生ね、こういう(歌詞のような)部分、すごくあると思うんですよ」「すごく共感できる内容の歌詞ですよね」とコメントしています。

てつやは武田“鉄矢”の楽曲をチョイス

広告の後にも続きます

2010年代から20年代にリリースされたタイトルが挙がる一方で、ビューティー系YouTuber「佐々木あさひ」(登録者数93万人)は現在30代ながら、1949年に発売された美空ひばりのデビュー曲「河童ブギウギ」という意外な選曲。
また、「東海オンエア」(同624万人)のリーダー・てつやも、映画『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』の主題歌として武田鉄矢が1985年にリリースした「少年期」をチョイスしたとのこと。
特に「少年期」については、みの自身も少なからず思い入れのある楽曲ということで、「素晴らしい選曲」「永遠の少年心溢れるてつやらしい1曲ですね」と思わずうなる様子も見せています。

それぞれが見せた思い思いの選曲に、視聴者からも「聴いてる音楽でその人の印象が変わったりするから面白い」「てつやの選曲めちゃくちゃ良いわ。思わず『うおぉ』って声出た」「はじめんが事変聞いてるの好きすぎるな」といった声が上がっています。

プレイリストも公開

なお動画概要欄では、一部楽曲を除き、人気YouTuber8人が選んだイチオシの楽曲を集めたプレイリストも公表されています。

きょん(きょんくま)…「Dynamite」(BTS)
相馬トランジスタ(へきトラ劇場)…「The band」(キュウソネコカミ)
てつや(東海オンエア)…「少年期」(武田鉄矢)
シルクロード(フィッシャーズ)…「Killer[Remix]」(Eminem)
ゆきりぬ…「One Last Kiss」(宇多田ヒカル)
佐々木あさひ…「河童ブギウギ」(美空ひばり)、「」(King Gnu)、「FAMILIA」(millennium parade)
SHAKA…「Stay Gold」(ZORN)
はじめしゃちょー…「獣の理」(東京事変)

みのは2019年に解散を発表した「カリスマブラザーズ」の元メンバー。
現在はロックバンド「ミノタウロス」での音楽活動のほか、個人チャンネル「みのミュージック」でも動画を配信しており、音楽やファッション、マンガなどを独自の世界観で展開しています。

関連記事
カリスマブラザーズが解散発表
PDRさん、カリスマブラザーズに2年越しの謝罪をするも、まさかの展開に

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル