top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

福士蒼汰、宮野真守、松雪泰子、髙嶋政宏ら出演! 劇団☆新感線の新作いのうえ歌舞伎『神州無頼街』製作発表レポート

SPICE

(左から)髙嶋政宏、宮野真守、福士蒼汰、松雪泰子、いのうえひでのり  撮影:田中亜紀



2022年劇団☆新感線42周年興行・春公演いのうえ歌舞伎『神州無頼街(しんしゅうぶらいがい)』が3月17日(木)から大阪・オリックス劇場での公演を皮切りに、東京や静岡で上演される。1月25日、製作発表会見が行われ、演出のいのうえひでのり、出演者の福士蒼汰松雪泰子髙嶋政宏宮野真守が登壇した。
 
本来2020年に上演される予定だった本作。新型コロナウイルスの感染拡大により延期されたが、今回、満を持して上演される。喧騒と猥雑と絢爛と頽廃の空気が漂う“無頼街”を舞台に、中島かずきが書き下ろした伝奇時代劇で、歌あり踊りあり立ち回りありの王道“いのうえ歌舞伎”の最新作だという。

本記事では、会見の様子をお伝えする(※なお、会見に出席予定だった中島かずきは新型コロナウイルスに感染したため、急きょ欠席となった)。

『神州無頼街』ビジュアル


ーーまずは、ご挨拶をお願いします。

中島かずき(代読):新型コロナに罹ってしまい、製作発表に参加できなかったことをまずお詫びします。『神州無頼街』は、時代伝奇小説への挑戦が自分のテーマでした。大正から昭和にかけて活躍した国枝史郎の作に『神州纐纈城(しんしゅうこうけつじょう)』という傑作時代伝奇小説があります。この作品のオマージュが『神州無頼街』です。

広告の後にも続きます

プロデューサーから富士の裾野が舞台なのに「甲州じゃないのか」と聞かれましたが、纐纈城も富士の裾野が舞台です。だから今回も神州なのです。大きな歴史の流れと、その裏で交錯する妖しき人々の宿業。そこに若い二人の活劇青春譚の要素を加えまして、今の時代でも面白いと思える作品にしたいと考えました。そして、この作品は「狼蘭(ローラン)族」の物語でもあります。人殺しを生業とする新しい物語です、その辺りもぜひ楽しみにしていただければ。幸い症状も軽く、こういうコメントが出せるぐらいには元気です。皆様もお気をつけください。

いのうえひでのり  撮影:田中亜紀


いのうえひでのり(以下、いのうえ):今のかずきさんの紹介にありました『神州無頼街』は、かずきさん自身が初めてだと思うんですけど、幕末たちの侠客たちの戦いを舞台にしている、僕たちも初めての挑戦なんですが、世界観としてはヤクザは舞台にしているけれども、もっといろんな魔術とは言わないけど、魑魅魍魎が跋扈するような不思議な作品になっています。

いのうえ歌舞伎ですが、この2年間の鬱憤というか、そういうのを吐き出すつもりで、思った以上にロック芝居というか、音楽芝居の側面もあがっていて。生バンドを入れたRシリーズというのがあるのですが、生バンドが入っていればRシリーズと言って良いぐらい、楽曲も豊富ですし、面白い時代活劇になっていると思います。

2年前に本当はやりたかった芝居だったんですけれど、こうやって2年延期ができた、ほぼ同じメンツで上演できるというのはなかなかこの業界だと、奇跡に近いかもしれない。橋本じゅん以外はほぼ予定したキャストで上演できる。演劇の神様が絶対やれよと言ってくれている気持ちになりました。なんとか頑張って千秋楽を迎えたいと思います。

ーーもう稽古は始まっています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル