top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ガガガSP、現在のバンドの状態から最新アルバムが完成するまでを語るオフィシャルインタビューを公開

SPICE

ガガガSP


ガガガSPが最新アルバム『THEガガガSP』を2022年1月19日(水)にリリースした。本記事では、現在のバンドの状態からアルバムが完成するまでを語るオフィシャルインタビューをお届けする。

――最新アルバム『THEガガガSP』を完成したガガガSP。前田くんは昨年9月に17年ぶりとなるソロアルバム『ONE YEAR DIARY』もリリースして。ソロもあってバンドもあってというところで、上手くバランスも取れてすごく充実していると以前、話していましたが、現在のガガガSPの状態はいかがですか?

前田:そうですね、状態はすごくいいです。ガガガはライブのやり方も少し変わってきて、昔はバーッと喋って、僕のワンマンみたいな形でやっていたのが少し変わってきて。

山本:ソロをやったことで、自然と変わってきてますよね。前田さんのソロは僕がサウンドプロデュースをやらせてもらったんですが。ソロは前田さんのパーソナルな部分、コザック前田でなく前田泰伸にスポットを当てた作品にしよう。ガガガの新作は、「ガガガSPとはなんぞや?」ってところで、しっかりコザック前田になってもらおうと思ってて。『THEガガガSP』ではいつ何時でも人の背中を押すような歌を歌ってくれる、僕がこうあって欲しいと思う“コザック前田像”が全面に出せたと思うし、よりバンド感も強くなっているし。それがライブにも活きてる気がします。

ガガガSP


広告の後にも続きます

――バンド感ってところでは、「今回、すげぇ音がいいな!」というのがアルバムの第一印象で。1曲目「これでいいのだ」からガガガらしさ全開なんだけど、「これこれ!」と思わせながら、音の奥行きだったり、個性の立った演奏だったり、今までと印象の異なるアレンジだったりで「なんか今までと違うぞ?」と思わせてくれて、「これが最新型のガガガSPなんだ!」と思ってすごく驚いて。自分たち的にも手応えのある自信作になったからこそ、バンド名を擁した『THEガガガSP』と名付たんだろうなと思いました。

山本:ありがとうございます。今回、音の部分は結構こだわってて。メンバーに細かいところまで「こうして欲しい」って注文して、押し付けて演ってもらったところも多くありました(笑)。アレンジ面も「バンドにはこうあって欲しい」という僕の考えを入れていて。バンドって4人で完結するものではあるんですけど、「それバンドでやらんでもええやん!」くらいの無理やりさも欲しくて。ベースもドープにガンガン歪ませた曲を作ったり、今まで無かったところに一歩踏み出すみたいなことはやりました。

――前田くんは山本くんから与えられた、「ガガガSPとはなんぞや?」というお題には、コザック前田としてどう答えたんですか?

前田:完璧な答えはまだ模索中なんですけど。バンドマンの在り方というところで、色んな楽しみが奪われてる人に楽しみを作ってやるというスタンスは変わらないし、ガガガがやるべきことはそういうことなんじゃないかなと思って歌いました。あと最近思うのは「40代で悩むことって、根本的なところでは20代で悩んでたこととさして変わりが無いんじゃないか?」ということで。年を重ねて知識や経験は増えても結局、同じようなことで悩んでるんじゃないか?と思った時、変わってくるのはその伝え方なんじゃないかと思ったんです。だから、それをコザック前田が喋って伝えるんじゃなくて、バンドでしっかり伝えたいというのは意識してますね。それと同時に以前は「一方的に喋って伝えればええわ」と思ってたのが、言葉の一つひとつにも責任を感じるようになって。歌詞や喋りに本当の言葉も出てくるようになった気もします。

ガガガSP


――今作の新曲たちは過去の自分の間違いも成功も全てを受け入れた上でさらに前に進むというのがアルバムのテーマになってますが。面白いのが、桑原くんの書いた「奮闘努力節」の歌詞が今作のテーマをすごく分かりやすく要約して伝えていることで。アルバムを通じて伝えたいことを前田くんだけでなくバンドでしっかり伝えられているし、4人が同じ方向を向いて作品作りに挑めていたということだと思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル