top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

瀕死の仔猫を助けた結果…。12万人が見守るアカウント《仔猫を拾ったので》インタビュー

笑うメディア クレイジー

最近、保護猫や捨て猫を育て、SNSで日常の発信をする人が増えてきました。今回ご紹介するのは、拾った仔猫の姿をTwitterに投稿している「仔猫を拾ったので」さんです。

猫が大好きな人はもちろんですが、最近深刻になっている捨て猫問題についても振り返るきっかけとなれば嬉しいです。

ぜひ、ご覧ください!

仔猫を拾ったので……

仔猫を拾ったのでさんは、ある日道端で猫を見つけたそう。初めて仔猫に会ったときのことは、Twitterにて以下のように語っています。

「道端に、へその緒が付いた仔猫が横たわってました。母猫が戻ってくるかなと思い触らずに少し様子見てましたが、置き去りにされた模様。拾い上げてみると冷蔵庫に入ってたみたいに冷たくなっていて死体かと思いましたが足が少し動いたのでひとまず連れ帰ることに」

広告の後にも続きます

生まれたばかりで置き去りにされた猫をひとまず家に連れ帰ったそうです。その後、仔猫を温めたり、ミルクを探しに行ったりと応急処置を進めた投稿者さん。

かなり弱っていたため夜中に亡くなってしまうだろうと推測していましたが、2日目までなんとか生き延びました。

ミルクをうまく飲めなかった仔猫。投稿者さんは医療用カテーテルを使用するなど、いろいろな方法でミルクを与えたといいます。

ようやくミルクが飲めるようになってからも、目や耳が開かないという問題が……。明日こそは開くだろうかと仔猫を見守ります。

目が開いてきたのは14日目。まぶたは半分くっついている状態でしたが、投稿者さんは少しホッとします。

パッチリと目が開いたのは17日目です。弱々しい仔猫だった姿が、どんどん愛らしい仔猫になってきましたね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル