top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

白石麻衣&永山瑛太のビジュアル完璧兄妹役に「美しすぎる」

TVerプラス


菅田将暉が主演を務める月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第3話が、1月24日に放送。ネット上では、永山瑛太と白石麻衣が演じる美しいビジュアルをもつ兄妹のやりとりに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

田村由美による累計発行部数1300万部突破の大人気同名コミックが原作の本作は、菅田演じる天然パーマがトレードマークの主人公・久能整が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく令和版・新感覚ミステリー。

犬堂ガロを名乗るバスジャック犯(久保田悠来)に連れられ、一行は犬堂邸に監禁される。ガロは一人ずつ、これまで犯した最も重い罪を告白するように命じる。それぞれが罪を語っていると整と面識のある大隣署の面々が突入してくる。これまでの状況から違和感を持った整は、熊田翔(永山)がガロの仲間で、実は翔こそが本物の犬堂ガロであると言い当てる。それだけでなく、バス運転手の煙草森誠(森下能幸)が、ガロ(永山)の妹・愛珠(白石)を殺した犯人であり、連続殺人犯の容疑者であることを見抜いた。

その後、一行は解放された。ガロにシンパシーを感じていた整は「今度、ウチに遊びに来てくれる?」と誘い、彼が“犬堂我路”という名前であることも教えてもらった。

後日、整の家に我路から冷凍便が届く。中身は人間の手で、整は警察署でそれが煙草森の右手であることを教えてもらう。煙草森が精神鑑定によって不起訴に持ち込まれそうだったため、我路たちが一線を越えた、というのが警察の見解だ。

その頃、我路は逃亡していた。叔母からの連絡で、亡くなった人に宛てた手紙を出せる漂流郵便局に、愛珠がハガキを書いていたことを知り、真相を確かめるべく、漂流郵便局に向かった。郵便局で彼女が書いたハガキを見つけるも、悲観的で自暴自棄な内容に違和感を覚える我路。 “女王様”体質の彼女は泣き言を言う人間ではなかったため、この手紙には裏があると考える。

ネット上では、犬堂兄妹のやりとりに「お美しかった」「顔面偏差値高すぎる」の声があがった。

次回は1月31日に放送。風呂光聖子(伊藤沙莉)から、闇サイトにアップされた爆破予告場所の特定を頼まれた整は、犯人と思われる男性(柄本佑)と出会うが……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル