top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

夏帆、30歳までの2年間を追いかけた写真集発売決定「どうかたくさんの人に届いてほしい」

Pop’n’Roll

夏帆、30歳までの2年間を追いかけた写真集発売決定「どうかたくさんの人に届いてほしい」

【画像はこちら】

夏帆が、4月9日(土)に写真集『おとととい』を発売する。

同書の撮影を担当したのは、石田真澄。独学で写真を学び、『GINZA』や『POPEYE』といった雑誌で活躍するほか、2018年には『カロリーメイト』の広告クリエイティブに当時19歳で抜擢されるなど、異例の実績を持つ現在23歳の若手写真家の急先鋒だ。

“おとととい”とは、石田が子どもの頃から使っている“一昨日の前の日”という意味の言葉。イノセントでどこかノスタルジックな響きのするこの言葉を、写真集のタイトルに据えた。

石田の写真の創作手法は、日常の光景を撮り続けたスナップショットを集積させるというものが中心。同書では、夏帆の日常を、石田の目を通して追い続けた。ごく普通の毎日が、石田の手によって瑞々しく、ダイヤの原石のようにキラキラと輝く。

撮影は2年間をかけて行ない、被写体・夏帆との距離もだんだんと近づいていったという。旅行に行ったり、ふとした散歩の様子を収めたりし、ついには夏帆も意識することができない寝顔も捉えている。

呼吸を合わせて生活するように、空気のように絶妙の距離で撮影された写真は、撮り手と被写体の化学反応によって、思ってもないシーンを生み出し、その時だけの特別な1枚1枚に。写し出されたのは、余分なものをそぎ落とし、より純粋な存在として映し出されるただの“夏帆”だ。

今回、解禁となった表紙と収録カットは、どれも愛おしさを覚える光や刻々と移り変わる繊細な瞬間を捉え、唯一無二の魅力を放っている。言葉では表現し切れない、たった一瞬現れた夏帆の感情のゆらぎが、確かにそこには写っている。

写真集の詳細は、SDP公式サイトにて。

コメント

夏帆:
真澄ちゃんと過ごした時間が心地よくて、この時間がずっと続けばいいのにと思っていました。

日常にある小さな揺らぎや、もう戻ることのできないあの時間が、たくさん詰まっている写真集です。

こんな顔誰かに見せたことあるのかなっていう表情が切り取られていて、みなさんにお見せするのがなんだか気恥ずかしいですが、大切な記憶が散りばめられたこの本がどうかたくさんの人に届いてほしいです。

石田真澄:
夏帆さんと出会ってから、写真を撮る時の相手との心の距離をずっと考えていたなと思います。

こんなに誰かとの距離の変化を意識していたのは初めてでした。

夏帆さんは柔らかさと強さを併せ持っていて、いつ顔を合わせても安心と新鮮さがある方です。

時間と記憶を共有してできた思い出を、水面からトプッと浮き出るように思い返しながら1冊にまとめました。

大好きな写真たちが届きますように。

プロフィール

夏帆
1991年6月30日、東京生まれ。2007年『天然コケッコー』にて映画デビュー。<第31回日本アカデミー賞>新人俳優賞をはじめ、新人賞を総なめに。以降、映画、ドラマを中心に活躍。15年『海街diary』では<第39回日本アカデミー賞>助演女優賞に輝く。おもな出演作に『箱入り息子の恋』(2013)、『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(2019)、『Red』(2020)など多数。現在放送中のドラマ『ムチャブリ!私が社長になるなんて』(NTV)に出演中。

石田真澄
2017年に初の個展<GINGER ALE>を開催し、2018年に初写真集『light years -光年-』を刊行。写真集発表後、さまざまな雑誌媒体にて活動。ドラマや映画のスチール撮影でも幅広く活躍中。大塚製薬の『カロリーメイト』2018年夏季キャンペーン『部活メイト』やソフトバンクの2019年広告『しばられるな』シリーズ卒業編など、広告撮影も手がけている。

広告の後にも続きます

夏帆写真集『おとととい』
撮影:石田真澄
発売日:2022年4月9日(土)
価格:¥3,520
サイズ:A4変形
ページ数:120ページ
ISBN:978-4-910528-11-3
発行:SDP

TOPICS

ジャンル