top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

シバター、竹原慎二&畑山隆則からの批判に「本当の台本野郎は…」と反論 「言いたいことあるなら拳で」とコラボ提案?

yutura

シバター」(登録者数124万人)が、24日に「ボクシングの元チャンピオン達に色々言われた件」と題した動画を公開。ボクシングの元世界王者たちから「格闘技の信頼が失われる」などと批判された件について、意外な角度から反論を展開しています。

元世界王者たちから痛烈なダメ出し

シバターは昨年末の格闘技イベント「RIZIN.33」で、元K-1王者の「久保優太」(同16万人)に勝利。しかし、シバターが久保に“八百長”を持ちかけているLINE画面や通話音声が試合後に流出。シバターが事前の取り決めを反故にし、久保を騙し討ちした可能性が濃厚になっていました。

関連記事
シバターの“八百長騒動”にRIZINが声明発表「彼らを処分するっていう考えは全くない」
シバター、“八百長疑惑の真実”を明かす「卑怯なことをしてでも勝ちたかった」
シバターと絶縁した朝倉未来が“八百長疑惑”に言及
“八百長疑惑”渦中のシバターが「RIZINの主役になってしまった」と謝罪 電話音声の公開で騒動は拡大へ

これについて、ボクシング元世界王者の3人による「渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則 公式チャンネル」(同31万人)が23日に、「Vol.207 武尊vs天心 勝敗予想!/シバター 八百長疑惑をぶった斬り!」と題した動画を公開。その中で、畑山が「こういうハンパ格闘家みたいな子が格闘技に水を差すことをしている」「格闘技の信頼が失われる」と痛烈にシバターを批判しました。

さらに、シバターとコラボ動画でスパーリング対決したことがある竹原は「パワーもあって弱くはない」と実力を認めつつ、「(シバターは)自分さえおいしければいい」「そこまでやる必要ある?」と苦言。渡嘉敷も「実戦でやるのはマズイな」と語り、最後に3人で「喝!」とダメ出ししました。

(関連記事「元ボクシング世界王者・竹原、シバターとガチスパーリングでまさかの展開「思ってたより強いね」」)

「本当の台本野郎は…」と反論

広告の後にも続きます

この批判を受けて、シバターは今回の動画で「僕が裏で(久保に)台本を提案したことについてすごく言われてますけど、本当の意味での“台本野郎”は竹原と畑山、この2人だと思うんですよね」と反論。

かつて竹原と畑山が出演していた人気番組の名物企画「ガチンコファイトクラブ」を引き合いに出して「今でいうボクシングのリアリティ―ショーですけど、これヤラセだったんですよ。台本も週刊誌に流出していて」と語り、畑山が「格闘技の信頼が損なわれる」と発言したことについて「おまえらがテレビの、バラエティの、リアリティ―ショーの信頼を地に落とした」と言い返しました。

さらに、シバターは「俺は台本を提案したけど、その通りにやってねえから」と開き直ったかのような言葉を吐いたうえで、「台本通りにやったのは誰だ? おまえらだろ!」と竹原と畑山を糾弾しました。

また、渡嘉敷については現役当時の所属ジム会長が関与したと週刊誌に報道された「毒入りオレンジ事件」(防衛戦の対戦相手に薬物を混入したオレンジジュースを飲ませたとする事件)を引き合いに出し、「渡嘉敷は論外」と断じています。

最後は「おじいちゃん3人にネタを提供できてよかったですわ」と上から目線で挑発し、不敵な表情で「完全に論破してるけど、それでも俺に言いたいことがあるんだったら拳で闘おっか。また竹原のジム行ってもええんやで」と、コラボを誘う抜け目のなさを見せています。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル