top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中日・小笠原慎之介 2年連続の投球回到達へ/2年目のジンクスに挑む

週刊ベースボールONLINE


小笠原慎之介

 昨季初めて規定投球回をクリアした。小笠原慎之介にとっては真価の問われる「2年目」の2022年になる。

「本当に今年が大事ですね。ようやく準備は整いつつある。あとは大爆発できるようにするだけです」

 新年早々、その表情は頼もしい。6年目の昨季はチーム最終戦だった10月26日の阪神戦(甲子園)で6回無失点と好投し、規定投球回143回を3分の1上回った。併せて勝ち星も自己最多の8 勝に伸ばした。

 今季は自身初となる2ケタ勝利と防御率2点台に加え、昨季チームトップだった柳を超える投球回173回を目標に掲げる。

「1年間投げて体が思うように動かないこともあった。そのためにも体のことを熟知しないといけないし、もっと有意義に24時間を使いたい」

 1月4日には愛知県知多市の海岸で世界マスターズ陸上競技選手権大会110メートル障害で3連覇した吉岡康典さん(46歳)と合同トレーニング。砂浜で約2時間半、ダッシュやジャンプを繰り返しながらみっちりと汗を流した。

「ためになることがたくさんあった。他競技の人から教えてもらうのは新鮮。きつかったけど楽しめた」と充実の表情を浮かべた。

 小笠原が見据えるのは竜のレジェンド山本昌さんの道のりだ。山本さんは高卒6年目で規定投球回に達し、7年目に初の2ケタ勝利を達成している。

 小笠原は「それは照らし合わせないでください」と笑ったが、狙うのは主役の座。大野雄、柳に追いつき追い越せ。この左腕の成長度合いがドラゴンズの命運を握る。

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル