top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【難読】なんて読む? 「恍惚」の正しい読み方

マイナビウーマン

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「恍惚」の読み方です。

なんて読むのかな? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「恍惚」の読み方は?

広告の後にも続きます

「恍」は右側が光なので、“こう”と読むのかな、と思った人もいるかもしれません。「惚」は“ほ(れる)”という読み方は知っている人もいますよね。しかし、二つを合わせてなんと読むのでしょう?

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“こうこつ”と読みます。

■「恍惚」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「恍惚」の意味は以下のように解説されています。

こう‐こつ〔クワウ‐〕【×恍×惚】 [ト・タル][文][形動タリ] 1 物事に心を奪われてうっとりするさま。「―として聴き入る」「―の境地」

2 意識がはっきりしないさま。 「将軍はすでに疲れ切っていた…精神も次第に―となるほどだった」〈藤村・夜明け前〉

3 老人の、病的に頭がぼんやりしているさま。有吉佐和子著「恍惚の人」(昭和47年)により流行した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル