top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

堤真一が一念発起して漫画家をめざす!?「俺はまだ本気出してないだけ」(2013)

エンタメウィーク(映画)

堤真一が一念発起して漫画家をめざす!?「俺はまだ本気出してないだけ」(2013)

解説

見た目も中身もダメな中年男が奮闘する姿を描いた青野春秋の同名人気漫画を、堤真一主演、「勇者ヨシヒコと魔王の城」「コドモ警察」の福田雄一監督で映画化。42歳でバツイチ子持ちの大黒シズオは、「本当の自分を探す」という理由で会社を辞めるが、毎日朝からゲームをしてばかり。高校生の娘に借金し、バイト先ではミスを連発するダメダメな日々を送っていたシズオは、ある日突然、漫画家になると宣言するのだが……。共演に橋本愛、生瀬勝久、山田孝之、濱田岳、石橋蓮司ら個性派キャストや、ムロツヨシ、池田成志、佐藤二朗ら福田作品おなじみの俳優も顔をそろえる。
(提供元:映画.com)

「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!
dTVで今すぐ観る
初月無料

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

この作品をひとことで表すなら、42歳でバツイチ子持ち中身も見た目もダメ人間な大黒シズオの彼なりの人生奮闘記、あるいは、ダメな中年への究極応援フィルム、とでも言いましょうか。とにかく見ているだけで生きる元気をもらえる素敵なコメディ映画。

原作は「月刊IKKI」で連載された青野春秋による同名漫画。無責任で自由奔放な主人公・大黒シズオは、会社を辞めて突然「漫画家になる!」と宣言するものの、朝から短パン姿で寝転んではゲーム三昧。暇つぶしに近所の子どもと野球で遊んだり、友人を呼び出してはおごってもらう前提でべべれけになるまで酔っ払ったりと、かなりのダメ人間。でも、何にも縛られない彼の姿はなぜか憎めないんですよね。

シズオ役の堤真一の演技がとにかく素晴らしい。シズオのダメっぷりを徹底的に演じきっていて、堤真一のハスキーイケボでここまで残念な主人公が出来上がるのか……と妙に関心してしまいました。バイト先の後輩、市野沢秀一の山田孝之もハマり役でしたね。山田孝之の貴重な金髪姿はファンには垂涎もの。無口でクールなキャラとあいまり、見ていてキュンキュンします。

コメディ映画といえばの福田雄一監督作品なだけあり、名優たちが絶妙な間で笑いのツボを押してきます。元気のない友人がいたら「これ見るといいよ」と差し出したくなる、生きてるだけでいいんじゃいかなと思える人生讃歌的な映画なのでした。


「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!
dTVで今すぐ観る
初月無料

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル