top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

派手派手・キラキラのお歳暮「Hamper(ハンパー)」【マレーシア】

ワウネタ海外生活


マレーシアでは、これから中華系マレーの「Chinese New Year(旧正月)」または「春節」と呼ばれるお正月がやってきます。
ショッピングモールでは特設会場が設けられていて「Hamper(ハンパー)」と呼ばれる贈答品が並びます。
ハンパーは、バスケットに色んな食材を詰めて渡すギフトのことです。

かつてマレーシアはハンパー発祥地、イギリスの植民地だったこともありこのような文化が今でも残っています。
この時期お決まりのド派手な赤と金を使ったハンパーが、ショッピングモールや色んなお店で販売されています。
中身は、お菓子や乾物、滋養強壮の漢方やお茶・ワイン、アワビ・ツバメの巣などの高級缶詰などが、タワーのように詰められています。日系企業「MUJI(無印良品)」でも独自のハンパーが売られていてとても人気です。

もちろん、中身が動かないようにテープでしっかり固定されているので、渡す人も受け取る人も安心です。
このハンパーは企業間で渡されることが多いのですが、お世話になった方に個人的に渡してもとても喜ばれます。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル