top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

EXIT兼近 元相方が前コンビ解散の真相を激白「不祥事解散とは言わないで」

女性自身

EXIT兼近 元相方が前コンビ解散の真相を激白「不祥事解散とは言わないで」

「“相方の不祥事で解散”と認識されてしまった影響は、いまだに大きいです……」

 

こうため息をつくのは、大人気お笑いコンビEXIT・兼近大樹(30)の元相方・逢見亮太(34)。EXITは、りんたろー。(35)と兼近の“チャラ男”キャラでブレーク。レギュラー番組を多数抱える売れっ子になっている。

 

そんな兼近はEXIT結成前、’13年から「ぷりずん。」というコンビを組んでいた。その相方が逢見で今はタイで芸能活動中だ。

広告の後にも続きます

 

’17年末にぷりずん。が解散する半年前、逢見の運命を変えた出来事が発生した。『週刊文春』が《吉本芸人が集団強姦で解雇!》との見出しで20代女性の告発を掲載。女性が出席した飲み会に参加した「芸人O」と報じられたのが、逢見だった。

 

本人が当時を振り返る。

 

「その日、先輩芸人2人と居酒屋で飲んでいたら、先輩たちが女性を呼び寄せたんです。僕は帰ろうとしたんですが、別の先輩の家に『一緒に行こう』と誘われて断れませんでした。それで家に着いてちょっと飲んでゲームして僕はすぐ帰りました。その後にその事件が起きたんです。後日僕は吉本興業に呼ばれて初めて記事のことを聞かされました。しかし結局、女性側の一方的な主張でした。それなのに謹慎処分とされてしまったのです」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル