top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

堤真一主演「妻、小学生になる。」満足コメント続々!子役には絶賛の声も

アサジョ

 堤真一主演ドラマ「妻、小学生になる。」(TBS系)が1月21日にスタートし、平均視聴率は7.7%だった。

 原作は村田椰融氏による同名コミックで、現在連載中の作品。物語は、10年前に主人公・新島圭介(堤)が運転する車でドライブ中、トラックと接触。圭介と娘の麻衣(蒔田彩珠)は無事だったが、妻の貴恵(石田ゆり子)だけが事故で亡くなる。

 妻をこよなく愛していた圭介は嘆き悲しみ“後の人生は余生”と思いながら生きていた。そんな父の姿に麻衣も短大卒業後、引きこもりのような毎日を送っている。

 そんなある日、小学生の女の子(毎田暖乃)が、自分は貴恵の生まれ変わりだと言って新島家を訪れる。始めは信じなかった圭介と麻衣だったが、万理華と名乗るその少女の思い出話を聞き、貴恵だと認識するのだった。そして、圭介と麻衣は万理華の叱咤により生活を一変させる。

 視聴者の感想としては「1話を見てこれから面白くなりそうだなと思いました。脚本もよく出来ていたと思いますし堤さん石田さん蒔田さん毎田さんそれぞれがとてもいい演技をされていて見ていて入り込めました」「現実離れしたドラマですが面白かった。不覚にも泣いてしまった」「ドラマ後半から号泣でした」など感涙を誘ったようだ。

広告の後にも続きます

「特に評価されたのは、子役の毎田。『この娘さんは凄い! 何か石田ゆり子さんが話してるように思えた』『子役、素晴らしかった』など絶賛されています。原作ファンは現在連載中のため、ドラマではどんな結末になるかが気になるようです」(テレビ誌ライター)

 妻の魂を持つ小学生に心を奪われた中年男の圭介。この関係性がさまざまな問題に発展するのだが‥‥。今後の展開を楽しみにしたい。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル